Tombow

TOBOW DIARY

2006年 5月 17日

ホビーショー2006の報告

トンボWebスタッフの「Yago」です。

5月11日~13日、東京ビッグサイトでホビーショーが行われました。
トンボブースでは、chalk先生による「心を込めて貼る。ピットで手作り大好きカード」と題して、ピットのりを使った楽しいスクラップブッキングの実演をしました。(chalk先生ありがとうございました!)
とてもたくさんの人が参加してくださいました。
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!

2006hobby.jpg

chalk先生が用意してくれたカードは4種類。とてもかわいいカードで、大好評でした。
同じ材料を使っているのに、作る人によっていろいろなデザインのカードになっていて、手作りっていいなと感じました。

手作りカード.jpg

chalk先生の横でお手伝いをしながら、私もカードを作りたくてうずうずしていました。今回、材料の選び方や組み合わせ方、PiTのりの使い方を学んだので、記念日ごとにカードを作るのも素敵だなと考えています。

トンボのPiTのりは、スクラップブッキングやクラフトにとても便利です。いろんなブースで、PiTのりを使っていただいており、大活躍していました。
みなさんも、PiTのテープのり、スティックのり、液体のりを使い分けて、楽しいスクラップブッキングやクラフトにお役立てくだい。

18:33

2006年 5月 1日

ホビーショー 2006

トンボwebスタッフの「Yago」です。
この文章を書かせていただいているのは、まだ入社したての新人です。はじめまして!

東京ビックサイトにて、5月11日から3日間ホビーショーが開催されます。トンボ鉛筆も出展します。
仕事に就いて早速、このホビーショーのお話を伺いました。ホビーショーはクラフトの材料や作品や教室が集まってくるお祭りで、イベントと工作好きな私は、とてもわくわくしています!

トンボブースでは、スクラップブッキングを通じて何種類かののりを実際に使ってもらい、のり付けの「貼る」楽しさを知っていただけたらと思っています。
そこで、chalk先生をお呼びして「心を込めて貼る、ピットで手作り大好きカード」と題して、PiTのりを使った楽しいスクラップブッキングの実演をします。
chalk先生の作品は、とてもかわいく、雑貨屋さんに売られているような「かっこかわいい」作品です。
ホビーショーではシンプルな手作りカードを紹介してくれるそうですが、今からとても楽しみです!

実は、卒業のときに、簡単なスクラップブックを作ったことがあるんです。
完成させるのに5日くらいかかりましたが、手を動かして作るのはとても楽しかったです。
ホビーショーではchalk先生のスクラップブッキングを間近で見られるので、今度は本格的なスクラップブックを作ってみたいです!

クラフト大好きな方はもちろん、クラフトってなんだろう?と思っている方も、ホビーショーに顔を出してみてください。
そしておこしの際は、是非トンボブース(東3ホールD-83)に立ち寄ってくださいね。

日本最大のクラフトフェア 第30回2006日本ホビーショー

10:59

2006年 4月 6日

トンボ デザインコレクション20周年記念フェア

トンボWebスタッフの「Akitsu」です。

銀座 伊東屋さんで開催中の「TOMBOW Design Collection 20th Anniversary Fair」に多くのお客様がお越しいただいています。
ありがとうございます。
お越しいただいた方からは
「トンボがこんな筆記具をつくってたこと知らなかったです」
のようなお声を何度かかけられました。

デビューモデルの発売から20年になる「トンボデザインコレクション」ですが、その多くはヨーロッパを中心とした海外市場に向けて発表されており、日本での紹介は実は始まったばかりといってもいいくらいです。
そこで今日は「トンボデザインコレクション」の歴史の一部をご紹介します。

トンボデザインコレクションの基となった「ZOOM505」を発表した1986年。当時の筆記具は、同じような長さ、同じような太さのものばかりでした。トンボは、もっと書き手の個性やこだわりを大切に、「書く」ことの楽しさが味わえ、さらには創造性も膨らませてくれる、理想のペンづくりに取り組みました。そして生まれたのが「ZOOM」シリーズ。


ZOOM606.jpg使いやすくて薄さの限界に挑戦したZooM606

  ZOOM707.jpg 使いやすくて細さの限界に挑戦したZooM707

ZOOM828.jpgタマゴをモチーフに開発したZooM808

ZOOM505.jpgZooM505

今では普通になっている、疲れにくい極太のラバーグリップを採用したのもZOOMシリーズが始まりです。

デザインの歴史が深いヨーロッパで影響を受けながら、日本が誇る高品質が融合した「トンボデザインコレクション」。ハイブリッドな逸品達です。

伊東屋さんでは14日までフェア開催しています。

13:24

2006年 3月 31日

TOMBOWデザインコレクション20周年記念フェア

トンボWebスタッフの「Akitsu」です。

伊東屋image.jpg


『銀座 伊東屋』さん銀座本店1Fホールにて、明日から2週間(4月1日~4月14日)「TOMBOWデザインコレクション20周年記念フェア」
TOMBOW Design Collection 20th Anniversary Fair
が開催されます。

「書く」ことの喜びを実感できる、美しさと機能性。
デザインコレクションの誕生は1986年。今までの筆記具の常識にとらわれず、手にするといつもと違うイマジネーションが浮かぶ一本一本がデザインコレクションの歴史を作ってきました。
今回は発売20周年を記念したAnniversary Fairです。
発売当時の貴重なモデルから最新作までを一堂にご紹介します。

是非この機会にお立ち寄りいただき、トンボ鉛筆の一味違う一面をご覧いただけるとうれしいです。

銀座伊東屋
東京都中央区銀座2-7-15

"「書く」ことの喜び"って何でしょうか?
1番は、やはり創造でしょうか。
いつの時代も世の中を変えてきたのは人の創造性。
ただ、シンプルに考えると「書くことって楽しい!」です。

14:10

2006年 3月 28日

Pen's Bar

トンボWebスタッフの「Akitsu」です。

昨日に続いて「Pen's Bar」情報をお届けします。

今日から『デルフォニックス渋谷』さんで「Pen's Bar」をテーマにしたトンボのデザインコレクションシリーズを体感していただく企画展がはじまりました。
イベント会場は創造的な書斎でじっくりペンを楽しめる雰囲気です。

会場の雰囲気

PensBar_1.jpg  PensBar_2.jpg


PensBar_3.jpg
実際に試せるペンたちと壁に立ててあるのはメニュー表みたいな感じです。

このシリーズのデザイナー「KATAMI」さんよりみなさまにメッセージです。
「"左脳を使って筆記をしているとき、右脳でなにか快適な刺激を受ける"そんなペンを探り続けています。使う人のキャラクターやプライドや品位をシンボライズできることにデザインコレクションは応えたい。この機会にデザインコレクションのペンたちにたっぷり触れて、ゆっくり味わってください。」

デザインコレクションのペンたち。
Pen's Bar でゆっくり味わってもらって、好きになってもらって、パートナーになれるとうれしいな・・なんて思います。

是非、楽しんできてください。

DELFONICS渋谷にて
(渋谷パルコPart1 B1F)

11:31

2006年 3月 27日

TOMBOW Design Collection 「Pen's Bar」

こんにちは。トンボWebスタッフの「Akitsu」です。

Pensbar.jpg

『デルフォニックス渋谷』さんにて、明日からの3週間(3月28日~4月16日)にわたって「Pen's Bar」をテーマにDesign Collectionの企画展が開催されます。
カウンターにペンを並べ、ゆっくりイスに腰掛けてペンを自由に試し書きしながら選ぶことができます。

もしかしたら自分の手にスーッと馴染んでくれるペンにめぐりあえるかもしれませんよ。

人に限らずなんでもそうだと思いますが、「出会い」って偶然のようで必然だと。
春だし、新しいお気に入りのペンを探しに出かけてみませんか?

TOMBOW Design Collection

『デルフォニックス渋谷』

15:55

2006年 3月 22日

トンボデザインコレクションイベント開催!

トンボWebスタッフの「Akitsu」です。
春めいてきましたね。
春はなにかワクワク、そして新しいことにチャレンジしたい!
そんなフレッシュな気分にしてくれます。

さて、トンボのデザインコレクションシリーズは今年でデビュー20周年になります。
ヨーロッパを中心にユニークなコンセプトとデザインが高い評価を受け、多くの国際デザイン賞をいただき今では堂々と世界の仲間入りしたデザインコレクションシリーズ。
そこで、デビュー20周年を記念して、2つのイベントが開催されます。
今ではお目にかかれないようなデビューモデルから最新作まで一同にご紹介させていただきます。
春のブランニュースタートにふさわしいペンを探しに来てください。
詳細はこちらのコーナーでもお届けしていきたいと思いますのでどうぞお楽しみに。


銀座 伊東屋』さんで
「TOMBOW Design Collection 20th Anniversary Fair」
4月1日~4月14日

デルフォニックス渋谷』さんで
「TOMBOW Design Collection Pen's Bar」
3月28日~4月16日

11:38

2005年 12月 16日

エコプロダクツ2005に出展!

トンボWeb staffの「akitsu」です。

12月15日~17日まで東京ビッグサイトで開催されている「エコプロダクツ2005」にトンボも出展しています。
この展示会は地球にやさしい製品・サービスが大集合している日本最大級の環境展示会です。
7回目を迎えた今年は来場見込みが15万人だそうです。
トンボのブースにもたくさん人が集まっていて、今、環境を考えることは至極当たりまえなんだと実感。
一人ひとりの自覚。そしてエコスタイルの継続。自分と社会全体が協力して自分たちの未来につなげていかないといけないんだなーと感じました。
ecopro.jpgトンボブースの様子


トンボからは、木の端材を再利用した鉛筆「木物語」や芯にリサイクル黒鉛を使用した「芯までリサイクルシャープ芯」、約10本分のインク補充が可能な「蛍コートチャージャー」(蛍光マーカー補充インク)などを展示しています。
どれも[eco & idea]が詰まったいい製品です。(もちろん他の製品もですよ)

トンボの環境ページも是非ご覧ください。

トンボの住める街にしよう

13:20

2005年 12月 2日

ドリフターズ

こんにちは。トンボWebスタッフの"TOM"です。

先日、文具評論家の土橋さんより、当コーナーにて海外限定商品や過去のプレミアムの紹介をしてはいかがとのアドバイスを頂き、早速、今回は昭和46年に大流行した「首チョンパ」をご紹介します。
「首チョンパ」は高級鉛筆「MONO」の販促品でした。当時爆発的人気のドリフターズを起用してボディー部を握ると空気圧でキャラクターのキャップ部がポーンと飛び出す単純なおまけです。でも単純なだけに楽しかった。当時小学生だった私もこれが欲しくて欲しくて。ちなみに私は仲本工事を持っていました。いかりや長介と加藤茶は兄が持っていたので、弟はおそらく高木ブーか荒井注でしょう。なんと一家で4ダースも購入していたわけで、当時からトンボ愛があったのです。
dorihu.jpg

これからもこのようなトンボトピックスをご紹介していきます。
ちなみに同じく昭和46年は国産初のスティックのり「ピット」が発売された年です。
スティックのりも進化しましたね。

10:02

2005年 11月 11日

スクラップブッキング

こんにちは。トンボWebスタッフ「しおから」です。

池袋で開かれているスクラップブッキングエキスポ2に行ってきました。
やっぱり凄いです。女の人の華やかな世界。思い出を素敵に残そうとたくさんの方が来場していました。
男性はメーカーのスタッフらしき人がちらほらしかいないようで、少し緊張しました(汗)。
スクラップブッキング.jpg(会場の様子)

スクラップブッキングには、貼る作業が欠かせなくて、トンボのピットのりは、たくさんの皆様に使ってもらっています。先生や生徒さんの机の脇にちょこんと緑色のキャップのピットマルチと青いピットテープがあるのを見て、
「おっ、頑張って皆様の右腕になっているな」と少し安心し、「家族の思い出作りに関わってるんだな~」と帰りのバスの中でもなんだか温かい気持ちになりました。

貼る作業って、ときにはやっかいに、黙々と堅実な作業ですが、考えてみるととってもクリエイティブ。
「ピット」のコンセプト「貼るって楽しい」を皆様にもっともっと感じていただけるよう、日々努力していこう!
なんて考えました。
pit_m.jpgaquapit.jpgpitmulti.jpg

19:15

< 前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8

ページトップへ