Tombow

TOBOW DIARY

2006年 12月 15日

エコプロダクツ2006に出展しています!

トンボWebスタッフの「Akitsu」です。

12月14日から16日まで東京ビッグサイトで開催中の「エコプロダクツ2006」にトンボ鉛筆も出展しています。
エコプロダクツ展とは、環境に配慮した製品やサービス、社会や企業の先進的な取組みを紹介する日本で最大規模の環境展示会です。
地球と私のためのエコスタイルフェアをテーマに「価値観を転換させて、環境に優しい生活を送るためのアクションをしよう!」と呼びかけています。

トンボのブースでは、チャージ出来る蛍光マーカー「蛍コート」を中心に、詰め替えタイプののりや修正テープ、他にもシャープ芯やえんぴつなどなどたくさん紹介しています。
エコとトンボのアイディアが詰まった商品の数々を是非ご覧いただきたいです。

06ecopro.jpg

14日のエコプロ会場、トンボブースにはたくさんの学生さんに来ていただきました。

「特に小学生の皆さんは、非常に関心を持って私たちの製品の話を聞いてくれて、 さらに真剣に、何やらメモまで・・・

昨今の学校での、環境教育の力の入れ方が伝わってくる光景でした。

日本の将来は明るい?」

とは説明スタッフとして参加していた「Hide」くんの感想。

地球と自分のために「エコスタイル」を送ることは、自分自身の気持ち次第だと実感する展示会です。
「私もエコスタイルで暮らそう!」という気持ちにまたなりました。

トンボの住める街にしよう
トンボの環境ページも是非ご覧ください。

09:27

2006年 7月 7日

ISOT2006開催中!

トンボWebスタッフの「Akitsu」です。

東京ビッグサイトで開催中の国際 文具・紙製品展ISOT2006、おかげさまでトンボブースにも初日から大勢の方がいらっしゃっていただき、ありがとうございます。
ISOTWX.jpg トンボブース内の様子

ボールペンの新製品「PFit(ピーフィット)」のコーナーでは「Pfit × デコ」ということで、クリップにキラキラのビーズやシールでデコった「Pfit」をたくさん展示しており、注目されていました。

ISOTPFit.jpg

「Pfit」は持ち運びに便利な油性ボールペンで小さなボディに大きなクリップが特徴です。
私はまだ自分でデコった「Pfit」を持っていませんがオリジナルのキラキラの1本をつくってみようと創作意欲沸いてきてワクワクしています。
ISOTdecoP.jpg スタッフがつくった「Pfit × デコ」


その他にも修正テープやシャープ芯などの新製品やCMの紹介。
たくさんたくさん見所あります!

ISOTkodomono.jpg


是非、会場にお越しいただき、実際、手にとって商品をご覧ください。
そしてトンボ鉛筆、トンボの商品を好きになってもらえたらうれしいです。

明日まで開催期間です。
お待ちしています!

11:34

2006年 6月 30日

ISOT2006に出展します!

トンボWebスタッフの「Yago」です。

前回話題になったISOTも、あと1週間を切りました!!

去年は学生だったので、一般のお客さんとしてISOTを見に行きましたが、今年は見る側ではなく見ていただく側です。
私たち新入社員は、説明員として参加できることになりました。
うまく説明できるのか不安もありますが、「ISOTに参加できる!」と、今からわくわくしています。きちんと商品の魅力、トンボの魅力を伝えられるように勉強しなくては!

私が配属になった部署はISOTの担当部門なのですが、スタッフがバタバタ走り回っていて、ドラマなんかでよく見るTV局のリポーターさんのようです。

ISOTでは、注目の新商品も続々登場します。
リニューアルした高性能修正テープ、モノPXN。
スタイリッシュなのに、高機能高性能なシャープ芯、MONO-WX。
学生さんやOLさんにオススメのかわいくて賢いクリップペン、P-Fit。
どれも自信を持ってご紹介できる商品ばかりです。

また、ブースではO.A中の広告を見ていただきながら、来場者の皆様と"トンボが動いている"世界を共有できたらと思っています。

定番の商品も新しい商品も、魅力あるものばかりなので、是非見に来てくださいね。
7月6~8日東京ビックサイト東5ホール、トンボブースでお待ちしています!

18:02

2006年 6月 23日

ISOT2006準備中!

トンボWebスタッフの「Akitsu」です。
展示会出展のお知らせです。

7月6日、7日、8日に東京ビックサイトで開催される「第17回国際文具・紙製品展ISOT2006」に今年もトンボ鉛筆、出展します。
国際 文具・紙製品展 ISOTは文具・紙製品、オフィス用品が一堂に集まるアジア 最大の文具のイベントです。今年は国内外より過去最多の850社が出展されるようです。

トンボブースでは、OA中のCMも見ていただきながら、待望の新製品発表の予定ですよ。

毎年のことなんですがこの時期、なんとも忙しい空気が会社中にあり、みんながバタバタと準備に取り掛かっています。
一生懸命、準備してる営業部のみんな、期待してますよ。

いつものこのISOT、「夏が来るなー!」って気分が高まります。

とにかく文具好きのみなさま、是非お越しください。
お会いできること楽しみにしてます!

トンボ鉛筆ブースは東5ホール ブースナンバーS11-42です。
お待ちいたしております。

isot.jpg

17:35

2006年 5月 17日

ホビーショー2006の報告

トンボWebスタッフの「Yago」です。

5月11日~13日、東京ビッグサイトでホビーショーが行われました。
トンボブースでは、chalk先生による「心を込めて貼る。ピットで手作り大好きカード」と題して、ピットのりを使った楽しいスクラップブッキングの実演をしました。(chalk先生ありがとうございました!)
とてもたくさんの人が参加してくださいました。
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!

2006hobby.jpg

chalk先生が用意してくれたカードは4種類。とてもかわいいカードで、大好評でした。
同じ材料を使っているのに、作る人によっていろいろなデザインのカードになっていて、手作りっていいなと感じました。

手作りカード.jpg

chalk先生の横でお手伝いをしながら、私もカードを作りたくてうずうずしていました。今回、材料の選び方や組み合わせ方、PiTのりの使い方を学んだので、記念日ごとにカードを作るのも素敵だなと考えています。

トンボのPiTのりは、スクラップブッキングやクラフトにとても便利です。いろんなブースで、PiTのりを使っていただいており、大活躍していました。
みなさんも、PiTのテープのり、スティックのり、液体のりを使い分けて、楽しいスクラップブッキングやクラフトにお役立てくだい。

18:33

2006年 5月 1日

ホビーショー 2006

トンボwebスタッフの「Yago」です。
この文章を書かせていただいているのは、まだ入社したての新人です。はじめまして!

東京ビックサイトにて、5月11日から3日間ホビーショーが開催されます。トンボ鉛筆も出展します。
仕事に就いて早速、このホビーショーのお話を伺いました。ホビーショーはクラフトの材料や作品や教室が集まってくるお祭りで、イベントと工作好きな私は、とてもわくわくしています!

トンボブースでは、スクラップブッキングを通じて何種類かののりを実際に使ってもらい、のり付けの「貼る」楽しさを知っていただけたらと思っています。
そこで、chalk先生をお呼びして「心を込めて貼る、ピットで手作り大好きカード」と題して、PiTのりを使った楽しいスクラップブッキングの実演をします。
chalk先生の作品は、とてもかわいく、雑貨屋さんに売られているような「かっこかわいい」作品です。
ホビーショーではシンプルな手作りカードを紹介してくれるそうですが、今からとても楽しみです!

実は、卒業のときに、簡単なスクラップブックを作ったことがあるんです。
完成させるのに5日くらいかかりましたが、手を動かして作るのはとても楽しかったです。
ホビーショーではchalk先生のスクラップブッキングを間近で見られるので、今度は本格的なスクラップブックを作ってみたいです!

クラフト大好きな方はもちろん、クラフトってなんだろう?と思っている方も、ホビーショーに顔を出してみてください。
そしておこしの際は、是非トンボブース(東3ホールD-83)に立ち寄ってくださいね。

日本最大のクラフトフェア 第30回2006日本ホビーショー

10:59

2006年 4月 6日

トンボ デザインコレクション20周年記念フェア

トンボWebスタッフの「Akitsu」です。

銀座 伊東屋さんで開催中の「TOMBOW Design Collection 20th Anniversary Fair」に多くのお客様がお越しいただいています。
ありがとうございます。
お越しいただいた方からは
「トンボがこんな筆記具をつくってたこと知らなかったです」
のようなお声を何度かかけられました。

デビューモデルの発売から20年になる「トンボデザインコレクション」ですが、その多くはヨーロッパを中心とした海外市場に向けて発表されており、日本での紹介は実は始まったばかりといってもいいくらいです。
そこで今日は「トンボデザインコレクション」の歴史の一部をご紹介します。

トンボデザインコレクションの基となった「ZOOM505」を発表した1986年。当時の筆記具は、同じような長さ、同じような太さのものばかりでした。トンボは、もっと書き手の個性やこだわりを大切に、「書く」ことの楽しさが味わえ、さらには創造性も膨らませてくれる、理想のペンづくりに取り組みました。そして生まれたのが「ZOOM」シリーズ。


ZOOM606.jpg使いやすくて薄さの限界に挑戦したZooM606

  ZOOM707.jpg 使いやすくて細さの限界に挑戦したZooM707

ZOOM828.jpgタマゴをモチーフに開発したZooM808

ZOOM505.jpgZooM505

今では普通になっている、疲れにくい極太のラバーグリップを採用したのもZOOMシリーズが始まりです。

デザインの歴史が深いヨーロッパで影響を受けながら、日本が誇る高品質が融合した「トンボデザインコレクション」。ハイブリッドな逸品達です。

伊東屋さんでは14日までフェア開催しています。

13:24

2006年 3月 31日

TOMBOWデザインコレクション20周年記念フェア

トンボWebスタッフの「Akitsu」です。

伊東屋image.jpg


『銀座 伊東屋』さん銀座本店1Fホールにて、明日から2週間(4月1日~4月14日)「TOMBOWデザインコレクション20周年記念フェア」
TOMBOW Design Collection 20th Anniversary Fair
が開催されます。

「書く」ことの喜びを実感できる、美しさと機能性。
デザインコレクションの誕生は1986年。今までの筆記具の常識にとらわれず、手にするといつもと違うイマジネーションが浮かぶ一本一本がデザインコレクションの歴史を作ってきました。
今回は発売20周年を記念したAnniversary Fairです。
発売当時の貴重なモデルから最新作までを一堂にご紹介します。

是非この機会にお立ち寄りいただき、トンボ鉛筆の一味違う一面をご覧いただけるとうれしいです。

銀座伊東屋
東京都中央区銀座2-7-15

"「書く」ことの喜び"って何でしょうか?
1番は、やはり創造でしょうか。
いつの時代も世の中を変えてきたのは人の創造性。
ただ、シンプルに考えると「書くことって楽しい!」です。

14:10

2006年 3月 28日

Pen's Bar

トンボWebスタッフの「Akitsu」です。

昨日に続いて「Pen's Bar」情報をお届けします。

今日から『デルフォニックス渋谷』さんで「Pen's Bar」をテーマにしたトンボのデザインコレクションシリーズを体感していただく企画展がはじまりました。
イベント会場は創造的な書斎でじっくりペンを楽しめる雰囲気です。

会場の雰囲気

PensBar_1.jpg  PensBar_2.jpg


PensBar_3.jpg
実際に試せるペンたちと壁に立ててあるのはメニュー表みたいな感じです。

このシリーズのデザイナー「KATAMI」さんよりみなさまにメッセージです。
「"左脳を使って筆記をしているとき、右脳でなにか快適な刺激を受ける"そんなペンを探り続けています。使う人のキャラクターやプライドや品位をシンボライズできることにデザインコレクションは応えたい。この機会にデザインコレクションのペンたちにたっぷり触れて、ゆっくり味わってください。」

デザインコレクションのペンたち。
Pen's Bar でゆっくり味わってもらって、好きになってもらって、パートナーになれるとうれしいな・・なんて思います。

是非、楽しんできてください。

DELFONICS渋谷にて
(渋谷パルコPart1 B1F)

11:31

2006年 3月 27日

TOMBOW Design Collection 「Pen's Bar」

こんにちは。トンボWebスタッフの「Akitsu」です。

Pensbar.jpg

『デルフォニックス渋谷』さんにて、明日からの3週間(3月28日~4月16日)にわたって「Pen's Bar」をテーマにDesign Collectionの企画展が開催されます。
カウンターにペンを並べ、ゆっくりイスに腰掛けてペンを自由に試し書きしながら選ぶことができます。

もしかしたら自分の手にスーッと馴染んでくれるペンにめぐりあえるかもしれませんよ。

人に限らずなんでもそうだと思いますが、「出会い」って偶然のようで必然だと。
春だし、新しいお気に入りのペンを探しに出かけてみませんか?

TOMBOW Design Collection

『デルフォニックス渋谷』

15:55

< 前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9

ページトップへ