Tombow

TOBOW DIARY

2006年 5月 25日

Special Edition 公開!

トンボWebスタッフの"TOM"です。

CMコーナーで「文房具といっしょにいるひと編 Special Edition」を公開しました。
「Special Edition」はテレビではオンエアされない特別に編集した貴重な作品です。
多彩な出演者のクリエイティブな表情をたっぷり見られて、
永作博美さんのナレショーンもしっかり聞けて、
菅野よう子さんの音楽もじっくり楽しめます。

いっしょうけんめいに考えている人の表情って、みんな輝いてますね。
人が何かを生み出そうとしている場面に必ず文房具が、そして私たちトンボが側にありたい、そんなモノづくりへの思いを込めた作品です。


cm_special.gif

15:32

2006年 4月 24日

朝日新聞の「CM天気図」

トンボWebスタッフの"TOM"です。

今朝の朝日新聞に掲載されたコラム「CM天気図」をお読みになられた方いらっしゃいますか?
トンボのテレビCMが紹介されています。
コラムではトンボが言いたかったことを見事にズバリとおっしゃっていただいた感じで、
本当にびっくりしました。
天野祐吉さん、ありがとうございました。

そのテレビCMに出演していただいているのがしりあがり寿さん。
しりあがり寿さんの漫画はいつも面白いですね。
朝日新聞に掲載の「地球防衛家のヒトビト」のほかにも、個人的に大ファンなのが「筋肉おやじとアブラミくん」。
これからも楽しい漫画をよろしくお願いいたします。
また、撮影の際は長時間にわたり、お世話になりましてありがとうございました。

CM撮影は実際にしりあがり寿さんの仕事場で行わせていただきました。
「わぁー、この机で筋肉おやじとアブラミくんが誕生するんだー」とひとり静かに興奮気味。
そして、しりあがり寿さんは勝手に想像していたイメージとすこし違って、
穏やかで、親切で「礼儀正しい紳士」そのもののお方でした。
以前は大手飲料メーカの宣伝も担当していたせいでしょうか
私たちスタッフの気持ちを充分に察していただき、いろいろとお気遣いいただきました。

そして、撮影本番での実際に書いていただくシーンでは
机に向かって一生懸命に頭と心をフル回転させながら
いままで見えていなかったものを紙の上に創りだしていく
その真剣なまなざしがとても印象的でした。

CM-kotobuki1.JPG CM-kotobuki2.JPG

しりあがり寿さん、本当にありがとうございました。

13:20

2006年 3月 30日

CM放送お知らせ

トンボWebスタッフの"TOM"です。

テレビ広告のお知らせです。
今年のお正月にほんの少しだけオンエアしたテレビCM後に
次はいつ放送するの?というお問い合わせを多くいただいていました。
4月からは下記番組にてご覧いただけます。

「THE・サンデー」
日本テレビ系列 毎週日曜日 午前8時

1週間のニュースをわかりやすく解説してくれる人気番組で
徳光さんと江川さんの激論バトルコーナーも見ごたえありです。
もちろん、トンボの広告もいい感じに仕上がっていますのでぜひご覧ください。

tvcm-cut1.JPG

(真剣なまなざしでひたすら書く谷村美月ちゃん)


広告は全部で6パターンあります。お楽しみに!

ホームページでも順次公開しますのでこちらもご期待ください!

08:52

2006年 3月 13日

トンボの広告「貼る編」

トンボWebスタッフの"TOM"です。

今朝の朝日新聞にトンボの広告が掲載されています。
「書く編」、「消す編」に続いて今回は「貼る編」でした。
「書くもの」、「消すもの」、そして「貼るもの」を創るのも私たちの仕事です。
「貼る編」では、子どもがのりを使って、自由に紙を貼り合わせながら、想像を形にしていくシーンを抜き出しています。
大人の私たちがいつの間にか忘れかけているような「創造」の楽しさを思い出させてくれる広告でした。
4月から始まるテレビCMにも、子どもが一生けんめいに、のりを使って貼り絵をするシーンがあります。実は私、撮影現場を横で見させていただいたのですが、子どもが何かを創ろうとする純粋な姿とまなざしにすごく感動してしまいました。テレビCMもお楽しみに。

「子どもは、のりを、事務用品だと思ったことがない。」

トンボのり広告.jpg

さぁて、これから何をくっつけようかなっと。

文房具についてのあなたの思い出、こだわり、夢を書いた「文房具への手紙」を募集しています。 郵便葉書、封書でご自由にお書きいただきお送り下さい。
お手紙を頂きました方の中から抽選で100名様にトンボ鉛筆文具セットを差し上げます。

14:21

2006年 2月 24日

お手紙ありがとうございます

トンボWebスタッフの"TOM"です。

21日付の読売新聞広告で文房具についてのお手紙を募集いたしましたところ
早速、お便りいただきましてありがとうございます。
全て拝読させていただいております。

筆箱の中の短くなった鉛筆の思い出・・・
今でも心がときめいてしまう文房具屋さん・・・
色鉛筆を初めて手にしたときの感動・・・
大人になったような万年筆との出会い・・・
桜の季節に励ましてくれた文房具・・・
作家をめざして書いてます・・・
ここぞというときの勝負ペン・・・
ほろ苦いラブレターの思い出・・・

まだまだ、たくさんいただいています。

一枚一枚から、文房具を通じた思い出、ゆめ、感動が伝わり
なにか思わずジーンときてしまいました。
文房具を愛してくださる方のために、「もっとがんばろう!」という気持になります。
ありがとうございます。

これからもみなさんに、ときめいて、喜んでもらえる文房具をお届けできればと思います。

「文房具についてのあなたの思い出、こだわり、夢を私たちにお聞かせ下さい。」

10:15

2006年 2月 21日

さぁ、消そう!

トンボWebスタッフの"TOM"です。
今朝の読売新聞にトンボの広告が掲載されています。
漫画家の植田まさしさんの作品の上に「モノ消しゴム」がことんと置いてあって
作品の周りにはうーん、あーでもない、こーでもないと頭をかきながら
悩み考えたあとの消しかす。
書いて、消して、そして最初に書いたものよりずっといいものが生まれてくる。
そんな場面を切り取った広告でした。

「人は、書くことと、消すことで、書いている。」

ad-eraser.jpg


さぁて、今日は思いっきり消すぞ!


文房具についてのあなたの思い出、こだわり、夢を書いた「文房具への手紙」を募集しています。 郵便葉書、封書でご自由にお書きいただきお送り下さい。
お手紙を頂きました方の中から抽選で100名様にトンボ鉛筆文具セットを差し上げます。

13:56

2006年 2月 10日

トンボ企業広告

トンボWebスタッフ「Akitsu」です。

1月3日に日本経済新聞に掲載したトンボの広告が東京丸の内オアゾ内の日経ノティオにてパネル展示されています。
日経ノティオは毎月優れた広告をパネル掲示しています。
今回の展示期間は2月10日~23日です。

さっそく、今日見てきました。
トンボの広告もいいんですが他の広告もやっぱりいいですね。
どの広告も一生懸命言いたいことを伝えようとしてます。

トンボの広告メッセージのなかにもありますが人間の創造力はスゴイです!素晴らしいですね。
トンボの企業広告、いい文章なんですよ。ぜひ感じてください。
http://www.tombow.com/newspaper.html

話題の広告展.jpg 日経ノティオ広告展.jpg

18:41

2006年 1月 6日

トンボの広告

あけましておめでとうございます。トンボWebスタッフの"TOM"です。
新しい年を迎えて気持ちを新たに「今年はこんな年にする!」「これをやるぞ!」のような抱負を立てられたでしょうか?
素晴らしい年になりますように目標に向かってがんばりましょう!

さて、今年初めてのエントリーですが
トンボは久しぶりに元旦からテレビ広告と新聞広告を行なったのです。ご覧いただけたたでしょうか?
「トンボが動いている。人が、何かを生み出している。」をメインフレーズにした企業広告です。

テレビCMには漫画家のしりあがり寿さん、長塚圭史さん、谷村美月ちゃんなど多くの人が出演しています。
今回は「文房具といっしょにいる人編」のみのオンエアでしたが、
他にもいくつかのバージョンを制作していますのでご期待ください。

新聞広告のキャッチコピーは

「ロケットも、文房具から生まれた」

いつの時代も創造の原点には必ず文房具って必要だと思うと
あらためて自分の仕事が誇らしく思えました(=^^ゞ

今後の広告活動もこのコーナーで紹介していきます。

今年のトンボ鉛筆は大~きく飛び立ちますので、ご期待ください。
そして、本年も応援をよろしくお願いいたします。
koukoku_mini.jpgView image

14:50

ページトップへ