Tombow

TOBOW DIARY

2009年 3月 27日

消しゴムスリーブの・・・

トンボWebスタッフの「Akitsu」です。

先日、新しくした折りたたみ傘を使っていて、「気が利いている!」と感動したことがありました。
傘のカバーを外して傘をさすわけなんですが、カバーが本体から離れないようにストラップのようになっていて、カバーが外れずに傘を取り出せて使えるようになっていたんです。
傘をさしている時、カバーの納め場所って意外とないんですよね。柄のところに結んで差したり、そして気づくといつの間にかカバーを落としてたり・・・
ちょっと嬉しい機能に感心しました。


文具でも、ちょっと気が利く、嬉しい進化って結構あったりするんですよ。

消しゴムのスリーブ(紙のケース)の角が丸くカットされていることご存知でしょうか。
これは、スリーブのカドを丸くカットすることで消すときに力を入れても消しゴムがスリーブに食い込みにくくしたものです。

keshigomu.jpg


ちょっとしたことですが嬉しい工夫ですよね。

文具のちょっとした嬉しい進化いろいろ探してみてください。
結構たくさん見つかるかもしれませんよ。

15:00

2008年 8月 8日

夏休みの宿題

トンボWebスタッフの「Libelle」です。

暑い日が続いていますが、皆さんお元気ですか??

学生の皆さんは夏休み真っ只中ですね。
夏休みはおもいっきり遊ぶのが一番ですが、
忘れちゃいけないのが宿題です!

夏休み終盤にあせらないように、
早めにやっつけてしまいましょう!

夏休みの宿題のお手伝いができそうなトンボ製品をピックアップしてみました。

 
 

○水性カラーペン「プレイカラー2」

img_ws-tp36.jpg

全部で36色もあるので、絵日記もバッチリ描けますよ!
色鉛筆に比べてくっきりとしたきれいな色が出るので、
夏の元気な雰囲気にピッタリだと思います。

 


○液体のり「アクアピット強力ペンタイプ」

PT-WP.JPG

先日ご紹介した液体のりの新商品です。
紙と異素材(ガラスや金属など)をつけることができるので、
工作に使ってみてはいかがですか。

 

○消しゴム「モノ もっとあつまる消しゴム/もっとかる~く消せる消しゴム」

EN-MA_EL-KA.JPG

おなじみのモノ消しゴムに「消しカスがあつまる」「かるく消せる」機能をつけました!
計算ドリルや作文など、書く宿題も多いと思います。
間違えたときに、イライラせず気持ちよく消せれば宿題もはかどるのでは??

「消しカスがたくさん出て嫌」
「力が入ってしまって紙がシワになって嫌」
と感じていた皆さん! 是非使ってみてください。


宿題は早くやっつけて、思う存分夏休みを楽しんでくださいね☆

17:12

2007年 11月 22日

手帳にモノゼロ!

トンボWebスタッフの「Akitsu」です。

一気に空気が冷たくなりました!
文具屋さんの店頭は来年の手帳やカレンダーで賑やかになってますね。
空気全体が来年へ向けて準備している感じでワクワクします。

何をするにも準備のときって楽しくないですか?
旅行や、イベント、何かが始まる前の高揚感が好きです。

先日、来年用の手帳をGETしました!
色は今年も『赤』!
やる気だしていきますよー!

私は手帳への筆記はいつもシャープペンを使います。
そこで今月発売になった「ホルダー消しゴムモノゼロ」!
これ、いいです。
細かくて小さな文字を消すのに2.3㎜径の細さは頼もしいし、1ノックの消しゴム繰り出し量が0.7㎜とわずかなのも微妙な自分サイズに調整できてうれしいですよ。

monozero手帳.jpg

新しい手帳に書き込んだり、消したり・・・
想像すると楽しいー♪

10:44

2007年 11月 9日

ホルダー消しゴム「MONOzero(モノゼロ)」発売!

トンボWebスタッフの「Akitsu」です。

ホルダー消しゴムの新製品「MONOzero」が発売になります!

「モノゼロ」は、細部修正の概念を変えるハイレベルな性能で「ピンポイント消し」を極めた精密極細消しゴムです。

世界最細の2.3mm径の丸型消しゴムと2.5㎜×5㎜の角型の消しゴムは目的と好みで選べ、文字を書くように消せるので小数点や髪の毛のニュアンスまで思いのまま軽い力でピンポイントを的確に消せます。

MONO ZERO手持ち.jpg


カラーラインナップは全3色!
MONO消しゴムの青、白、黒のトリコロールカラー!
ブラック!
シルバー!!

MONOZEROラインナップ.jpg


カッコいい、持ちたい、使いたい道具です。

そして、使ってみると必ずその使用感に納得できると思います。

ぜひお試しください!!

13:44

2007年 2月 16日

ホルダー消しゴム「MONOone(モノワン)」発売!

トンボWebスタッフの「Akitsu」です。

消しゴムの定番、MONO消しゴム新しいスタイルの消しゴム「MONOone(モノワン)」がラインナップ、今週発売になりました!

モノワンは"ふつうのはんこ"くらいの大きさでえんぴつを持ったままでも使いやすいショートタイプのホルダー消しゴムです。

monoone_1.jpg


約9割の人が勉強や仕事で消す文字数は「3文字以下」という調査結果をもとにこの範囲を手早く消すための工夫がいっぱいです!
もちろんモノ消しゴムとしての高い消字力への期待は裏切ってません。

"えんぴつを持ったまま消せる・・??"ってカンジの方もいらっしゃるかと思いますが、"えんぴつを持ったまま1文字消せる"って結構感動です。
普通の消しゴムだと1文字以上消しちゃったり、ペン型のホルダー消しゴムだと持ち換える必要があったりで作業を中断しがちなところを「モノワン」の6.7㎜径の消しゴムを使うとサッと1文字から消せるので勉強も仕事もはかどります。
どうぞお試しください!

monoone5P.jpg
モノワンラインナップ。
私はさわやかグリーンが気に入ってます。

14:45

2006年 7月 21日

修正テープ MONO PXN 発売!

トンボWebスタッフの"TOM"です。

本日の日本経済新聞の新製品コーナーに7月20日新発売の修正テープ「MONO PXN」が紹介されました。
MONO PXNは95年に発売したロングセラー「MONO PX」をさらに進化させたニューモデル。多くのご愛用者に今まで以上に喜んでいただけるワンランク上の修正テープの誕生です!

進化を簡単に説明しますと、
滑らず快適なグリップ感を体感できるラバーグリップになってより正確な修正を!テープの残量が一目でわかる大きな透明ウィンドウでいつも安心!テープの長さも20%もアップ!そしてテープ幅も新たに5ミリ幅をラインアップ!
もちろん、PXファンならご存知の、先端を保護するスライドヘッドカバーや簡単ワンタッチのカートリッジ交換はそのまま継承。いままでのPXとの互換性もありますのでご安心を!

私も実際に使っていますが確実に進化を感じます。
信頼のブランド「MONO」ならではの自信と信頼の修正テープです。
ぜひ、お試しください!

060721.jpg

11:33

2006年 4月 20日

ちょっといいコト!

トンボwebスタッフの「新人Tombow」です。

入学式や入社式を終えて、いよいよ暖かくなってまいりました。
皆様新生活には慣れてきたでしょうか?

実は今回文章を書かせていただいている私は、4月に入社したばかりの新人なのです。
新生活を始めた皆様、また新入学新入社した皆様、新しいスタートを楽しみながらがんばっていきましょう!

今回の話題は、文具を使用していて意外と気づかない「ちょっといいコト!」。

普段文具って、何気なく使っていますよね?
例えば消しゴム「モノ」。
MONOkeshi.jpg

皆様が持っているこの消しゴムのスリーブの角、何か不思議な形をしていませんか?
スリーブの角がカットしてあります。これ、実は理由があるんですよ!

消しゴムって使っていると、スリーブの角が刺さって亀裂が入り、折れた経験ありませんか?
消しゴムが折れちゃうとやる気なくなっちゃいますよね・・・(私だけ?)
そんなお悩みを解決するため、このスリーブはカットされています。
丸くカットされているおかげで折れにくくなっているのです!

これって、「ちょっといいコト!」。

次は油性ボールペン「リポーターシリーズ」。
多色ボールペンってペン先を戻すとき、カチッ!っという音がしますよね?
この音大好き!という人もいるとも思います。カチカチ無意識に鳴らしてみたりする人、いますよね?(私も良くカチカチしますよ。)

でも、静かなところや他人がカチカチ鳴らす音って不快に思うことはありませんか?
実際に、静かな現場で働いている方からの声も上がっていました。
そんなお悩みの解決のために、この「リポーター」、秘密があります。
ボールペンの後ろをじっくり見てみると黒い物が付いていませんか?これは衝撃吸収ラバークッションと呼ばれるもので、カチッ!という音を低減しています。
また、音には関係ないですがこのペン、色ごとにノックボタンの形が違うので、慣れてしまえば見ずに選色できてしまいます!

これって、「ちょっといいコト!」。

このように、あまり知られていない「いいコト」。
新しいペンを文房具屋さんに買いに行くついでに、「ちょっといいコト!」、探してみるのって楽しい事かもしれませんよ。

14:47

< 前の10件 1  2  3  4  5  6

ページトップへ