水筆

手軽に水彩表現ができる
水彩画用の水筆ペン

水に溶ける画材(水性インクや水彩絵の具など)をぼかしたり、混色することができます。
水性染料マーカー「ABT」と併せて使用すると、簡単に水彩表現が楽しめます。

商品特長

  • 手軽に水彩表現が可能

    本体軸に水を入れて使う水彩画用の筆です。水性染料マーカー「ABT」や水彩絵の具と併用して、ぼかしや混色などの表現ができます。

  • 給水しやすい広口仕様

    本体軸の注水口が大きいので、水道の蛇口から直接水を補充できます。

  • 携帯に便利

    水を入れたままでの持ち運びも可能なキャップ付き。水入れや筆洗いも不要なので、外出先でも気軽に使用できます。

  • 3種の筆先(小筆)

    小筆は、細くしなやかな筆先。細かい部分の塗りや細かい文字を書くことに適しています。

  • 3種の筆先(中筆)

    中筆は、大きめサイズの筆先。面積が大きい部分の塗りや筆のコシを活かした文字書きに適しています。

  • 3種の筆先(平筆)

    平筆は、幅広の筆先。広い面をムラなく均一に塗りたいときや、グラデーション表現に適しています。

    使用方法

  • ①筆先部分を外す

    先軸を持ち、後軸を反時計回りに回して後軸を外してください。

  • ②8分目まで程度まで水を入れる

    外した後軸の注水口に直接蛇口から水を入れてください。

  • ③筆先部分をしっかりと取り付ける

    水を入れた後軸を先軸後端部側から時計回りに回し入れてください。

  • ④キャップをはずし、筆先を下にして後軸をゆっくり押し、筆先を濡らしながら描画してください。

  • ⑤筆先についた色は、スポンジやティッシュの上でならすことで落とせます。

ラインナップ

  • 単品
  • 3本セット
  • 小筆
    WB-SM

  • 中筆
    WB-ME

  • 平筆
    WB-FL

500円+消費税

  • 3本セット(小筆/中筆/平筆)
    GPD-351

1,500円+消費税

OTHERS

使用上の注意

・水以外の物を入れないでください。
・後軸を強く押し過ぎると水がぼた落ちすることがあります。
・水を入れ過ぎると筆先を取り付ける際に水がぼた落ちすることがありますのでご注意ください。
・キャップや筆先の取り付けが不完全な場合水が漏れることがあります。
・激しく振ったり強く圧縮すると水が漏れることがあります。
・長時間使用しない場合は、水筆の水を捨て、筆先の水を拭き取って保管してください。

【!注意】
・幼児の手の届かないところに置いてください。
・描画/筆記目的以外の用途には使用しないでください。

Browse more products

CATALOG

商品カタログ

デジタルカタログをご覧いただけます。

総合カタログ

2018/2019トンボ鉛筆総合カタログです。
トンボ鉛筆の全ラインナップを掲載しています。

カタログを開く

エコカタログ

2019年度版トンボ鉛筆エコロジー商品カタログです。環境に配慮したトンボのエコ商品を1冊にまとめた環境商品カタログです。

カタログを開く

PDF形式でダウンロードいただけます。

こちらに掲載されている商品情報は、カタログ作成時の情報となっております。予告なくデザイン、仕様などが一部変更になることがありますのでご了承ください。