知的活動を
完璧にサポートする

BRAND STORY

since 1963

「唯一無二」を目指して

「MONO(モノ)」ブランドの誕生は1963年。 最高級鉛筆「MONO」の登場がはじまりです。

MONOは「唯一の、比類なき」などを意味するギリシャ語「monos」が語源。 その名は、1949年から開始した芯改良プロジェクトにより生まれた、「1ミリ立方に80億個の粒子を持つ」革新的な芯を特徴付けるものでした。

初期の頃はロゴの中に六角形の鉛筆断面が
デザインされている

MONO消しゴムは「鉛筆のオマケ」から始まった

1967年、トンボ鉛筆創立55年を記念して「MONO」のさらに高品質な最高級鉛筆「MONO100」発売がされました。

トンボ鉛筆の理想とする「書き味、強度、濃さ」を兼ね備えた「MONO100」。 そして、消しゴムできれいに消せるという特長を実感してもらうため、当時は珍しかったプラスチック消しゴムが1ダースに1個付けられました。 この消しゴムが、よく消えると評判になり「MONO消しゴム」の販売を希望する声が多く寄せられ、消しゴム単体で製品化することとなったのです。

最高級鉛筆MONO100に付属したプラスチック消しゴム

MONO消しゴムの誕生

1969年、青・白・黒のトリコロールをまとった
「MONO消しゴム」の誕生です。 小さな消しゴムが店頭で目立つように、三色旗をイメージしてデザインされました。 50年以上変わらない、印象的なストライプの美しいデザインは
発売以来、消しゴムのアイコンとも言える存在となり
日本で、世界で、多くの人に使われる消しゴムとなりました。

現在、「MONO消しゴム」をはじめ、個性あふれる「MONOシリーズ」は誕生からの「比類なき」「唯一の」という想いを受け継ぎながら時代の変化に合わせて進化を続けています。

MONO消しゴムの商品化第一号

BRAND HISTORY

現在のMONOファミリー
鉛筆と消しゴムからはじまったMONO。 現在は修正テープや筆記具も加わり、
ラインナップが広がっています。

MONOコラボレーション商品

国民的消しゴムとして愛用され、親しまれているモノ消しゴムをモチーフにした様々なコラボレーション商品が誕生しています。

BRAND TOPICS

MONOの青白黒の3色柄が「色彩のみからなる商標」として登録

AWARDS

2018年度 グッドデザイン賞

2017年度 グッドデザイン賞

2018年度 iFデザイン賞

2016年度 グッドデザイン賞

2016年度 グッドデザイン賞

2014年度 グッドデザイン賞

2016年度 レッドドットデザイン賞

2013年度 レッドドット・デザイン賞

2014年度 iFデザイン賞

2013年度 グッドデザイン賞

2014年度 iFデザイン賞

2014年度 グッドデザイン・ベスト100

2005年度 グッドデザイン賞

2011年度 iFデザイン賞

2011年度 グッドデザイン・ロングライフデザイン賞

2008年度 グッドデザイン賞

2010年度 レッドドット・デザイン賞

2010年度 iFデザイン賞(EH-KUR、EH-KUR04/11EH-KUS、EH-KUS04/11)

2003年度 グッドデザイン賞

モノPL

2003年度 グッドデザイン賞

2001年度 グッドデザイン賞

モノホワイトYT4

1996年度 iFデザイン賞

1996年度 Design Innovation賞

モノホワイトYT/YN

1994年度 グッドデザイン賞

OTHERS

Discover more

  • MONO
  • PiT
  • Zoom
  • ippo!
  • Yo-i