Tombow

ホーム > 会社情報 > プレスリリース > 2018 > 2018.11.05

プレスリリース

2018年

平成30年11月05日

第3回「MONOシリーズ総合陳列コンテスト」結果発表

株式会社トンボ鉛筆(本社・東京都北区、社長・小川晃弘)は、第3回「MONOシリーズ総合陳列コンテスト」を7月2日から8月31日まで実施しました。結果をご報告します。

当社は全国の文具店様に呼びかけ、「MONO」ブランド商品シリーズをテーマに、お客様が「集う・触れ合う・知る・楽しむ」創意あふれる店頭陳列の立案と実施をコンテスト形式でお願いしてまいりました。その実績を写真などで応募いただき、このほど集計と審査が終了し、第3回陳列コンテストの結果がまとまりました。

第3回(2018年)「MONOシリーズ総合陳列コンテスト」の応募総数は207店舗様で前年に比べて微増でした。入賞は58店舗様で、グランプリ1店舗様、準グランプリ2店舗様、ブランド訴求部門賞1店舗様、エッセンス部門賞2店舗様、エリア特別賞(6ブロック)12店舗様、優秀賞40店舗様でした。賞金総額は115万円でした。上位入賞店舗様を報告します。
なお、本コンテストは次年度も継続して実施する予定です。

 

第3回MONO陳列コンテスト グランプリ 1店舗様

参加207店舗様のトップの座に立ったのは「文具のたまおき本店」様(福岡県飯塚市堀池179-2、玉置一貴社長)でした。

【陳列のポイント】エントリーシートより
御来店頂いているお客様に改めてMONOブランドの豊富さと機能性を見て確かめて頂きたいと考え、思いっきり展開してみました。展開のイメージは当初、MONOの大型船を作るはずでしたが、幾度も試行錯誤をした後、やはりMONOブランドを前面に押し出すことが一番だと考えこのような展開となりました。いつも使っているMONOにこんなにたくさんの種類があることや使用目的によってさまざまな機能があることなどお客様に伝えたい一心で担当スタッフ一丸となって作りました。

【写真右】10月4日、グランプリに輝いた文具のたまおき本店様を弊社・小川晃弘社長が訪問し、玉置一貴社長に 表彰状と副賞を贈呈いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

第3回MONO陳列コンテスト 準グランプリ 2店舗様

COMPASS yonago R431店様

 

eぶんぐクリック 柏崎フォンジェ店様

 

 

第3回MONO陳列コンテスト ブランド訴求部門賞 1店舗様

MDAYSカレッタ汐留店様

 

 

第3回MONO陳列コンテスト エッセンス部門賞 2店舗様

株式会社シモジマ西梅田店様

 

株式会社オフィスベンダー遠見塚店様

 

 

グランプリインタビュー
「文具のたまおき本店」玉置一貴社長、楪善之店長

–このたびはおめでとうございます。グランプリ受賞の喜びの声をお聞かせください。

左から玉置常裕会長、玉置一貴社長、トンボ鉛筆社長 小川晃弘、玉置会長ご令室、楪善之店長

【楪店長】
第1回「MONO陳列コンテスト」の時は、旧店舗だったので手狭で、いくつかの代理店さんからお誘いいただいたのですが、納得のいく陳列が出来そうもないので諦めていたのですが、去年新店舗になって、スタッフ皆の「参加したい」という熱意を受けて参加に踏み切りました。
今年は去年よりも大きく場所を使い、MONOのブルーと白を波に見立てて、船をイメージした陳列にしてみました。
出来合いのツールだけではつまらないと思い、デザインのできるスタッフに協力してもらって、いちからオリジナルのPOPを作成しました。当社は第2回陳列コンテストが初参加で優秀賞に入りましたので、「今年こそは!」と意気込んでいたのでグランプリの受賞は非常にうれしいです。
【玉置社長】
非常にありがたく光栄なことだと思います。お店のスタッフが一生懸命ディスプレイしてくれたことが認められたということで、今回の陳列だけでなく、社員、スタッフのモチベーションの向上にも大きくつながったと思いまして、今後の店舗づくり全体によいものを残してくれました。

–お客様は陳列コンテストにどのような反応を示されましたか。
【楪店長】
週末はやはりご家族連れの方が多いですね。学生さんも大人の方も、MONOは必ず見たことがあるので、親しみがあるのでしょうね。陳列用に作ったPOPやモックが欲しい、と言われることがありましたね。習慣として、お客様はやはり定番コーナーにまず行かれるケースが多いので、陳列とダブルロケーションで展開していました。

–陳列コンテストという店舗内イベントに熱心に取り組んでくださったきっかけはなんでしたか。

【楪店長】
担当の営業さんが強く薦めてくれたことが大きいですね。後はやはり、お店も新しく大きくなってスタッフにも参加してみたいという意欲がわいてきたことも大きかったです。折角参加するなら、時間をかけてもいいからオリジナリティを強く出せる展開を目指そうと話していました。
【玉置社長】

文具のたまおき本店 福岡県飯塚市堀池179-2

この新店も今月でちょうど2年目。大きな売り場を展開する中で社員、スタッフ一同様々な思いを胸に抱き、試行錯誤を繰り返しながら一生懸命走ってきた2年でした。今後はじっくり腰を据えて、お客様に少しでも多くの「文房具」の楽しさ、良さをお伝えできるようにより深掘りして展開していきたいと思います。

 

 

 

 

(聞き手とレポートはトンボ鉛筆プロダクトプロモーション部・小川貴史)


第3回「MONO陳列コンテスト」実施要領

  • 実施期間 2018年7月2日(月)~8月31日(金)
  • 対象商品 トンボ鉛筆「MONO」シリーズ全製品
  • 参加条件 実施期間中に2週間以上、MONOシリーズを陳列展開していただける販売店様
  • 応募方法 陳列の様子を撮影し、コンテスト専用サイトに投稿していただきます。

 


トンボ鉛筆の「MONO」の青白黒の3色柄は「色彩のみからなる商標」として2017年4月第一号登録されました。

ページトップへ