Tombow

ホーム > 会社情報 > プレスリリース > 2018 > 2018.10.31

プレスリリース

2018年

平成30年10月31日

スポーツテイストのモノエアー発売
モノエアー スポーティーカラー

株式会社トンボ鉛筆(本社・東京都北区、 社長・小川晃弘)は、テープ走行が軽いエアータッチシステム搭載の使いきりタイプ修正テープ「モノエアー」をスポーツ感覚でリデザインした新シリーズをラインナップに追加します。全国の文房具店と文具コーナーで11月8日発売します。

商品名は「モノエアー スポーティーカラー」で、テープ幅5㎜、10m巻きの使いきりタイプです。希望小売価格は税別250円(税込270円)です。(価格は2016年発売のモノエアーと同価格です)。年間販売計画は約29万個、約7,300万円です。

リデザインは当製品の優位テクノロジーである「軽快感」と「先進性」をテーマにしました。カラーはフルブラック、クリアレッド、クリアブルー、クリアライムの4色で、学生修正テープユーザーをターゲットにしました。エアータッチシステム部にカラーパーツを採用、“動く”メカニズムが見える魅力も加えました(フルブラックを除く)。

引く力を半減 驚くほど軽く消せる修正テープ「モノエアー」
本製品の特長は、当社従来品より61%(テープ残量10m時)テープの引出力を軽くした点です。修正部を軽くなぞる感覚で、スピーディにストレスなく修正できます。
これまでの修正テープのテープ引き出しが重かった理由は、紙面からヘッドを離した時のテープのたるみを防止していたため。そのためテープ残量がわずかになると平均で約30%引出力が重くなって使いにくくなっていました。(リールの径が小さくなるため)。
本製品はこれまでの方法を改め、テープ走行をコントロールする機構を内蔵。修正ヘッドが紙面に触れる力を利用して「テープ走行(ロック解除)」、紙面から離れると「テープ停止(ロック)」することで、これまでつねにリールに負荷していた抵抗(重み)を半減させました。その結果、使用する時の引出力は、使い始め(テープ残量10m時)で 61%軽減、残量2m時で58%軽減しました(当社従来品比較)。
当社は空気のように軽いタッチでテープが走行する機構を「エアータッチシステム」と呼び、右シンボルマークで表示しています。

 

「エアータッチシステム」とは
本製品のエアータッチシステムは、修正ヘッドを紙面に押し当てたり離したりする力を利用してテープ走行をコントロールする当社独自の機構です。使用時は「走行」、未使用時は「停止」に切り替わります。
①紙面に修正ヘッドがあたるわずかな力(100gから駆動)を応用して供給リールのロックを解除します(図左)。
②ヘッドを紙面から離すと供給リールはロックされテープ走行が停止します(図右)。

本製品はエアータッチシステムによって、軽く引ける(軽い引出力)、テープがたるまない(重い引出力)という技術的には対立するユーザビリティを駆動する機構を利用して満足させた点に新規性があります。

 

「モノエアー スポーティカラー」 その他の特長
■コンパクトな形状
78㎜×31㎜(最大)、厚さ17㎜のコンパクトなボディ。ペンケースに納まります。
■小型ながら長期間使える10m巻きです。
使いきり・タテ引きタイプ。
■静音設計
使用するときの駆動音がありません。教室・図書館などでの使用に配慮しました。
■手ブレ補正ヘッド採用
軽い力で引いた時も手ブレを補正し、テープの浮きを軽減します。初めての使用でも快適に修正。
■密着力が向上した新開発テープ
軽い力でもテープが紙面にしっかり密着し、上から書いても削れにくい高品質テープです。
■開閉式ヘッドカバー付き
使わないときに先端をガードします。

モノエアー スポーティーカラー
左からフルブラック、クリアレッド、クリアブルー、クリアライム

 

 

モノエアー スポーティーカラー 新発売ディスプレイセット

ページトップへ