文具のまめちしき

鉛筆の歴史

鉛筆の軸の歴史

石墨だけの時代は、細く削った黒鉛の塊を糸や針金を使ったり、木の板で挟んだりして、折れない様に、手が汚れない様にと何かでカバーして使っていたようです。その後、細長い木に四角い溝を切り、四角く削った黒鉛を入れて木で蓋をして、それから丸く削る方法で現在の形の基礎が出来ました。コンテが作ったのも四角い芯を使ったこの方法でした。19世紀の後半に、丸い芯を丸く削った軸板で挟む現代の方法を、アメリカの鉛筆業者が開発しました。これにより、使いやすくコストの安い鉛筆が出来て、世界的に普及したのです。

文具のまめちしきトップに戻る

CATALOG

商品カタログ

デジタルカタログをご覧いただけます。

総合カタログ

2020/2021トンボ鉛筆総合カタログです。
トンボ鉛筆の全ラインナップを掲載しています。

カタログを開く

エコカタログ

トンボ鉛筆エコロジー商品カタログです。

カタログを開く

PDF形式でダウンロードいただけます。

こちらに掲載されている商品情報は、カタログ作成時の情報となっております。予告なくデザイン、仕様などが一部変更になることがありますのでご了承ください。