Tombow

TOBOW DIARY

2008年 8月 1日

Design Collectionに新たなラインナップ「Zoom717」!

トンボWebスタッフの「AKitsu」です。

今日は、7月14日に発売されたばかり、トンボDesign Collectionシリーズのニューフェイス「Zoom717」をご紹介したいと思います。

1987年の発売以来、世界中のペン愛好家を魅了し続け、数々の国際的なデザイン賞に輝いた「Zoom707」シリーズの新しいラインナップとして仲間入りしたのが「Zoom717」です。

これまでにない細さと使いやすさにこだわった「Zoom707」の洗練された極限の細さはそのままに約22mm長さを短くすることで、携帯性がさらに増し、小さめの手帳やメモ帳にもマッチするサイズになりました。
軸はブラスにマットクロムメッキ仕上げにすることで、カジュアルさのなかに高級感をプラスしています。
さらにもうひとつの大きな特徴はそのカラーリングです。
これまでのZoomシリーズはクールでスタイリッシュな印象の製品がほとんどですがこの「Zoom717」はヨーロッパテイストのパープル・ブルー・イエローのPOPな3色で、カジュアルなシーンでも見事にはまります。

ZOOM717_3P.jpg

どうぞ一度お手にとってお試しください。
その機能美が心地よく手にフィットします。

詳しくはこちらからどうぞ
>>Design Collection

10:41

2008年 7月 25日

「アクアピット強力ペンタイプ」新発売!

トンボWebスタッフの「Libelle」です。

今月7日、液体のり「アクアピット強力ペンタイプ」が発売されました!

aquapitpen.jpg


「アクアピット強力ペンタイプ」はその名の通り、ボールペンの形をした液体のりです。
文字を書くときと同じような感覚でのり付けができるので、1mm単位の細かいのり付けもバッチリです。

この液体のりの特長は外観だけではありません!
中身の"のり"には今回新開発の接着成分が配合されていて、
紙と紙だけでなく、紙と異素材(金属・ガラスなど)も強力に接着します。
スクラップブッキングなどのクラフトに最適ですよ。

また、従来の液体のりに比べ、さらっとしていて汚れにくい"のり"になっています。

きれいに、スマートにのり付けができるので、
オフィスなど汚したくないところでの"のり付け"にも良いと思います。

あるトンボ社員は、仕事で書類の端を止めるのに、
クリップやホッチキスの代わりに使っているそうですよ。


「アクアピット強力ペンタイプ」について、
「強力に接着するワケ」など、さらに詳しい情報はこちらへ>>


トンボの新しい仲間「アクアピット強力ペンタイプ」よろしくお願いします!!

17:11

2008年 4月 4日

電車鉛筆 第2集 発売!!

トンボWebスタッフの「Libelle」です。

桜も満開になり、新しいスタートの季節ですね。
今週から新しい生活がはじまる方も多いのではないでしょうか?

トンボ鉛筆にも今週、新入社員が入社しました!
自分が入社したときを思い出し、気が引き締まる思いです。
トンボを盛り上げるために一緒にがんばっていきましょう!


トンボの商品にも新しい仲間が加わりました!
4月4日、トンボ鉛筆から「電車鉛筆 第2集」が発売です。


densya2.JPG


昨年9月に発売した第1集がご好評をいただき、
ご要望にお答えしました。

トンボの「電車鉛筆」は、四角軸の2B鉛筆に電車のイラストを印刷した鉛筆です。
イラストは人気車両の図面や写真を基にしていて、
細かなところまで忠実に再現してあります。

電車にそれほど詳しくない私でも、
イラストの完成度にワクワクしてしまいます。


第1集はJR東日本の車両に限られていたのですが、
今回発売となった第2集では、JR東日本、JR東海、JR西日本の人気車両を採用しました。

「電車鉛筆第2集」の車両柄は以下の車両です。

【05】N700系のぞみ / 583系 はつかり・はくつる・ゆうづる

【06】500系のぞみ / E231系東海道線、東北・高崎線

【07】251系スーパービュー踊り子 / C57+12系SLやまぐち号

【08】EF81+24系北斗星 / 113系2000番代(湘南色)

densya2package.JPG

それぞれ2種の車両柄の鉛筆を各3本・計6本とミニディスプレイがセットになっていて、
ご自分用にはもちろんのこと、ちょっとしたプレゼントやお土産なんかにもぴったりですよ。

densya2display.JPG

今回の第2集も数量限定となっています。
気になった方は是非お早めに、店頭で探してみてくださいね!

13:41

2008年 3月 28日

ピットテープGフラット発売!

トンボWebスタッフの「Akitsu」です。

テープのりの新製品「ピットテープGフラット」が4月4日から発売になります。

「ピットテープGフラット」は、大好評発売中の「ピットテープG」と同じボディでテープのりの容量を20%増量してなんと!30メートルになりました。つめ替えタイプでは業界で最長です。
価格は、25m巻きの従来品と同じ630円(税込)です。


もうひとつ大きな改良ポイントとして、のり切れが素晴らしくいい全面「フラットテープ」を採用しました。
スパスパスパッとのり切れ良く快適に作業が進みます。

pittapegflat.jpg


そして、グリップフォルムのボディは、自然に握れるデザイン、安定したテープ走行がご好評いただいています。

pittapegflat_2.jpg


テープのりは、一度使うとその快適なのり付けがやみつきになります。

まだお試しになったことのない方もすでにご愛用いただいているかたも大容量30m巻、フラットテープ採用の「ピットテープGフラット」で快適なのり付け、ガンガンお試しください。

13:24

2008年 3月 14日

ノック式加圧ボールペン「エアプレス」新発売

トンボWebスタッフの「Libelle」です。

ノック式加圧油性ボールペン『AirPress(エアプレス)』が3月24日に発売されます!


エアプレス.jpg


皆さんは「加圧ボールペン」というものをご存知ですか?
加圧ボールペンとはその名の通り、
中芯内を加圧してインクの出を加速するボールペンです。

普通、ボールペンのインクは重力によってペン先から供給されているので、
ペン先を上に向けて書くとカスレたりすることがあります。
ひどいときはインク漏れの原因になることもあります。

私もトンボに入社するまで知らなかったのですが、
ペン先が水平面より少しでも上だと上向き筆記となってしまいます。


上向き筆記の状態↓
上向き筆記.jpg


立ちながらや壁面でのメモなど、上向き筆記をしてしまうシーンは
良くあるのではないでしょうか。


エアプレスは新開発のノック加圧機構を搭載しています。
ノックのたびに圧縮空気を中芯内に送りインクを押し出すので、
上向筆記のほかにも、速書きや湿った紙への筆記でもインクがかすれずくっきり書け、
デスク外の「現場」での筆記に最適なのです!

様々な「現場」で活躍するように他にも次のような特長があります。

○ラバーボディ
 濡れた手や手袋をしたままでもしっかりつかめます。

○ショートボディ
 携帯に適した全長122mm。軸も太めの13.7mm。

○強力クリップ
 しなやかさと強靭さを兼ね備えた強力ワイヤークリップ。
 コピー用紙1枚から厚いものまでしっかり留まります。

詳しくはこちら>>


軸色はブラック、ブルー、オレンジの3色があります。
エアプレスカラー.jpg

現場の頼れる相棒として、是非使ってみてください!

13:49

2008年 1月 25日

4色ボールペン「リポーターコンパクト」発売!

トンボWebスタッフの「Akitsu」です。

実用的なコンパクトサイズの4色ボールペン「リポーター4コンパクト」、2月1日に発売です。

「リポーター4コンパクト」通称「リポコン」は、その携帯性の良さが最大の特徴です。
全長117ミリのショートボディは従来の「リポーター」に比べ、約2割短め。
これが実にいいサイズなんです。

Reporter4compact .jpg

短すぎないので書くときも全く不便を感じず、浅めのポケットにもすっぽりきれいに収まるので持ち運びにも困りません。
このサイズだからこそストラップとの相性も抜群です。

もちろんリポーターの特徴、色別のノックボタン形状や強力な板バネ式クリップは装備されています。

ボディカラーにソリッドカラーをラインナップ。
reporter_5P.jpg

私は、メリーピンクを選びました♪
便利な4色ボールペンをカバンに入れてコンパクトに携帯しています!

13:10

2007年 11月 9日

ホルダー消しゴム「MONOzero(モノゼロ)」発売!

トンボWebスタッフの「Akitsu」です。

ホルダー消しゴムの新製品「MONOzero」が発売になります!

「モノゼロ」は、細部修正の概念を変えるハイレベルな性能で「ピンポイント消し」を極めた精密極細消しゴムです。

世界最細の2.3mm径の丸型消しゴムと2.5㎜×5㎜の角型の消しゴムは目的と好みで選べ、文字を書くように消せるので小数点や髪の毛のニュアンスまで思いのまま軽い力でピンポイントを的確に消せます。

MONO ZERO手持ち.jpg


カラーラインナップは全3色!
MONO消しゴムの青、白、黒のトリコロールカラー!
ブラック!
シルバー!!

MONOZEROラインナップ.jpg


カッコいい、持ちたい、使いたい道具です。

そして、使ってみると必ずその使用感に納得できると思います。

ぜひお試しください!!

13:44

2007年 10月 26日

スティックのり「消えいろピットXS」発売!

トンボWebスタッフの「Akitsu」です。

トンボ鉛筆のブルーの強力スティックのり「消えいろピット」にXSサイズが新たにラインナップに加わります!
「XS」サイズはリップスティックとほぼ同じ。小さくなって、使われるシーンがうんと広がります!

トンボ鉛筆が2006年に行ったアンケート調査では、女子中・高生の約7割がペンケースにスティックのりを入れて持ち歩いているそうです。
授業のプリントをノートに貼ったり、手帳に映画の半券を貼ったりと貼りたいと思ったときにサッと取り出して、ピッと貼る。見た目もちっちゃくてなんだかかわいくなり、いろんな文房具がたくさん入っている女子中高生のペンケースにはピッタリですよ。

のりは人気の「消えいろ」タイプ。
消えいろピットの特徴は、青色ののりを塗ることで塗ったところが色で確認でき、のりのはみ出しや塗り残しがなくなりムダなくきれいに塗ることができます。もちろんのりの青色は乾けば透明になるのできれいな仕上がりです。

「XS」サイズがちょうどいい、消えいろピットXSをペンケースに入れてお供にどうぞ。

PT-XSC.jpg

14:15

2007年 9月 11日

テープのり「ピットテープMメッシュカット」発売!

トンボWebスタッフの「Akitsu」です。

トンボ鉛筆は、テープのりの新製品「ピットテープMメッシュカット」を9月20日から発売します。

トンボの「ピットテープMメッシュカット」の最大の特徴はやはり新開発メッシュカットテープです。

PN-MSM8.4.jpg

淡いブルーののりがメッシュ(網目)パターンで紙に塗布されるのでのりが付いた箇所が網目模様ではっきり確認できます。
のりがメッシュパターンになっているので紙に塗布されたときに縁辺対比効果(難しい言葉ですが・・)が生まれ、視認性が高まるそうです。簡単に言うと、のり付けした箇所がはっきりわかるということです。これでテープのりユーザーからいただいた不満の声を解消できました。
同時にメッシュカットテープはテープ上に多数の切れ目があるので"スパッ"と爽快なのり切れを実現します。

meshcuttape.jpg


トンボが初めてテープのりを発売してから今年で10年です。

もっとキレイに、もっとカンタンに、もっとはっきり、もっと楽に・・・
そんな「もっと」にお応えして新世代のテープのりが生まれました。

ホントに使いやすいテープのり「ピットテープMメッシュカット」是非お試しください。

※つめ替えタイプです。今まで"ピットテープMシリーズ"のテープのりをお使いいただいている方もカートリッジの互換性がありますので是非お試しください。

15:44

2007年 9月 3日

「電車鉛筆」発売!

トンボWebスタッフの「Akitsu」です。

トンボ鉛筆から9月20日、JR東日本商品化許諾の「電車鉛筆」が発売になります!
7月に行われた文具の展示会「ISOT2007」で発表しておりますので、すでにご存知の方もいらっしゃると思いますがトンボの「電車鉛筆」は四角軸の鉛筆に人気車両のイラストを印刷したものです。
このイラストは図面、写真を基に忠実に描かれていて四角軸の鉛筆が模型に肉薄する仕上がりになっていてとても美しいです。見ているだけでワクワク、ドキドキ・・・してきます。

densyapencil.jpg

今回発売する電車鉛筆の車両は以下の人気電車です。
【01】 E4系Max やまびこ・なすの / 485系0番代 ひたち
【02】 E954系 FASTECH 360S / 253系 成田エクスプレス(N'EX)
【03】 C57 180+12系 SLばんえつ物語号 / E257系 わかしお・さざなみ
【04】 E231系 山手線 / EF81+E26系 カシオペア

電車に関してあれこれと詳しくは語れませんが電車を見るとなぜかこころワクワクします。

子どもの頃、おばあちゃんと一緒によく、歩道橋の上から電車を眺めてました。
電車が来ると手を振ったりしながら・・・
「あと1回見たら帰ろう」
「あともう1回」なんて言いながらなかなか帰ろうとしなかったことを覚えています。

今回の「電車鉛筆」の4シリーズは数量限定です!
興味のあるかた、お店で見かけたら即ゲットされることをオススメします。

densya_box.jpg

10:04

< 前の10件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

ページトップへ