Tombow

ホーム > トンボQ&A > ボールペン:インクについて

ボールペン:インクについて

1.油性インクで汚したとき

皮膚の場合
早めに石鹸などで洗ってください。すぐには落ちない場合もありますが、繰り返し洗ったり、入浴等で徐々に落ちます。
紙の場合
インクが紙の内部に浸透し、染まるために落ちません。砂消しゴム等でインクが浸透した紙の表面を削り取ってください。
布の場合
クリーニング店にご相談ください。ベンジン等は汚れが広がりますのでご注意ください。それでも一部汚れが残る可能性があります。
革の場合
インクが内部に浸透し、染まるために落ちません。ベンジンやアルコール等の溶剤は、変色や傷みの原因になりますのでご注意ください。小さな汚れには消しゴムでこする、同色の靴クリーム、色鉛筆等で隠すことも効果的です。
木・石・レンガの場合
材質の凹凸面にインクが入り込むため落ちません。表面が平滑な材質では、雑巾等に洗剤を含ませてこすることで薄くなりますが、完全に落とすことはできません。家具や床材などの塗装、コーティングが施されている材質への溶剤の使用は、十分に注意し、目立たぬ場所で確認してから行ってください。
ガラス・金属・プラスチックの場合
ほぼ完全に落ちます。
(1)雑巾等に水、もしくは洗剤を含ませてこすってください。
(2)落ちなかった場合は、薬局等で販売している無水エタノールを雑巾に含ませます。
(3)不必要な部分や、目立たないところで、変質等がないことを確認してください。
(塗装、コーティング等が施されている材質は特に注意して確認してください)
(スチロール、アクリル、ビニール、硬質塩ビ等インク自体におかされるような材質には絶対に使用しないでください)
(4)雑巾に色がつかなくなるまでこすってください。

2.水性インクで汚したとき

皮膚の場合
早めに石鹸などで洗ってください。すぐには落ちない場合もありますが、繰り返し洗ったり、入浴等で徐々に落ちます。
紙の場合
インクが紙の内部に浸透し、染まるために落ちません。
布の場合
汚れは残ります。
極力インクが乾く前に以下の作業をしてください。
(1)材質・洗濯方法を確認し、「水洗いが可能」か「中性のマークがないか」を確認してください。
(2)アルカリ性洗剤もしくは石鹸を溶かした30~40℃程度のお湯に浸けてください。
(3)もみ洗い(可能であればブラシなどで擦る)、すすぎを繰り返します。
(4)汚れが残っている場合、漂白剤が使用可能であれば、その使用方法に従って浸け置きをしてください。
革の場合
一部汚れが残ります。
汚れを広げないように、水を含んだ雑巾を強めに絞って拭いてください。
木・石・レンガの場合
(浸透もしくは材質の凹凸面にインクが入り込むため)落ちません。
ガラス・金属・プラスチックの場合
ほぼ完全に落ちます。
可能であれば水で流してください。もしくは、雑巾等に水を含ませ、拭き取ってください。

ページトップへ

  • ギフト、ノベルティ商品のご案内(法人様向け)
  • トンボKIDS
  • TOMBOW DIARY
  • ちょっといいものプレゼントキャンペーン
  • Tombow ENGLISH SITE