Tombow

ホーム > トンボQ&A > シャープペンシル:取扱・使用上の注意

シャープペンシル:取扱・使用上の注意

1.先端パイプの取扱い

先端パイプはシャープの命と言っても良いくらい、大事な部分です。一度曲がってしまったら、元に戻すのは容易ではありませんのでご注意ください。
※もし先端パイプが曲がってしまったら、シャープの先を回しながら曲がっている方向をみつけ、その方向を下にして机で軽く叩いてみます。ただしやり過ぎない事が大事です。

2.芯を出す量

芯は、出し過ぎない事がポイントです。出し過ぎると、芯が折れやすくなってしまいます。2回のノックで芯が1.2mm出るのが標準です。その後は1回ノックで十分です。

3.テーパー(先端金具)

テーパーが緩むと芯折れにつながるので注意しましょう。

4.ノックの向き

上向きでノックしても芯は出てきますが使っている(先端に出ている)芯を使い終わると出なくなります。芯タンクに入れられた予備の芯は重力によって繰り出し機構部に供給されます。上向きでは繰り出し機構部に芯が行かないため出なくなります。

5.耐久性について

プラスチックも金属製も、チャックの耐久性はほとんど同じで、だいたい10万回以上のノックが可能です。ノック1回当り0.6mmが押し出される訳ですから、計算上、60mm芯を1,000本以上使用できる事になります。
計算上では、400字詰め原稿用紙で3万枚分の文字が書ける事になります。
(1000本×300m/本÷10m×400字=1千200文字)

6.残芯について

シャープペンシルの構造は、先端パイプと芯を送り出すチャックとが離れているので、芯が短くなってチャックから離れてしまうと、しっかりとつかまれていない為に回ったりぐらぐらしたりします。一本当り平均10mm~20mmの残芯があると言われています。

7.シャープペンシルに付いていたピンについて

以前は芯の強度が十分でなく折れることが多かったので、パイプ内に残った芯を取り除くためにクリーナーピンが付いていました。現在は、芯の強度があがり、折れにくくなったために必要がなくなっています。

8.ゴムチップの役割

テーパー内の先端パイプの後ろに、円筒状のゴムチップがはまっています。これは、ノック式シャープの大変重要な部品です。ノックをしてチャックが芯を押し出してリングが弾かれても、ゴムチップが無かったなら、芯は下向きにノックすると先端パイプより落下してしまいます。芯を先端パイプ側から入れると、ゴムチップが外れてしまう場合があるので注意が必要です。ゴムチップが外れてしまっていると、正常な量の芯がノックしても出ません。

ページトップへ

  • ギフト、ノベルティ商品のご案内(法人様向け)
  • トンボKIDS
  • TOMBOW DIARY
  • ちょっといいものプレゼントキャンペーン
  • Tombow ENGLISH SITE