top > トンボの仕事 > 生産開発本部(開発)

生産開発本部(開発)

独創的なアイデアを具現化し、安定生産できるまで、すべてに携わる

ひとりひとりの開発者が生活者の立場でテーマ発信し、文具を革新する。製品を基礎から立ち上げ、その蓄積を企業力とする・・・生産開発本部(開発)の目指すものです。

開発部門は3つの部で構成されています。修正テープ、テープのり、固形のり、液体のり他の開発を主なテーマとする「開発1部」。ボールペン、マーキングペン、シャープペンシルの開発を主なテーマとする「開発2部」。鉛筆、色鉛筆、シャープ芯の開発を主なテーマとする「開発3部」。その内容は化学、工学、物理学を横断する開発です。

開発と生産が生産開発本部に一体化することで、課題となる開発テーマを生産工程で鍛え上げ、これらを通じて革新の種を発見し、コア技術の確立を図っています。
ある先輩はトンボで働く喜びを「自分が開発した製品が店頭に並んでいるのを見たとき」と語っています。暮らしを変える最も近い職場、それがトンボの生産開発本部(開発)です。

 

グループ構成

ページTOP