Tombow

ホーム > 会社情報 > プレスリリース > 2017 > 2017.08.07

プレスリリース

2017年

平成29年08月07日

文字なし「モノ消しゴム」発売
受験生が心配なく持ち込める文字なし文具
無地鉛筆と合わせてMONO受験用文具シリーズ化

株式会社トンボ鉛筆(本社・東京都北区、社長・小川晃弘)は、青白黒のモノストライプのみの文字なしモノ消しゴムを8月18日に、全国の文房具店と文具コーナーで発売します。

試験会場での所持品や服等に文章や英文字等がプリントされたものを制限する表記が受験上の注意(センター試験)にあることから、文房具選びで苦慮している受験生に対応しました。

商品名は「消しゴムモノPE01文字なし2Pパック」で、メーカー希望小売価格は(2個入り)税込129円(税別120円)です。本製品はグリーン購入法適合商品です。年間販売計画は6万5千個(パック)、780万円(小売価格)です。
既に販売しているトンボ印のみを刻印した「モノマークシート用<無地>鉛筆(3本入り)」(2015年10月発売)と合わせて、「書く」「消す」の受験文具で文字なし文具をシリーズ化させました。

本製品の特長は次のとおりです。
■消しゴムは基本性能で定評のある消しゴムモノPE-01Aで、スリーブ(紙ケース)のデザインを受験向けに変更しました。PE-01Aサイズ(17×11×43mm)。
■スリーブは「モノ(MONO)」ブランドのシンボルである青白黒の3色柄で、色柄の他に文字、数字、記号を一切印刷していません。ユーザーには、文字や記号がなくても、当社の登録商標※である青白黒の色彩によりモノブランドの消しゴムであることを認識いただけると考えています。
■販売形態を2個入りにしました。受験生は、消しゴムを机から落とした場合の予備用として2個持参することが一般化しています。これは、試験会場での文具等の貸し借りが禁じられているためです。

モノストライプは「色彩のみからなる商標」として登録されました。モノ消しゴムのスリーブの青白黒のモノストライプは発売以来、踏襲してきたデザインで、新しいタイプの商標の保護制度において第一号「色彩のみからなる商標」として登録されました(2017年3月10日)。

 

 

ページトップへ