Tombow

ホーム > 会社情報 > プレスリリース > 2017 > 2017.07.26

プレスリリース

2017年

平成29年07月26日

変更・更新するための手帳用消しゴム
尖端2.mm×5mm「モノゼロメタルタイプ」発売

株式会社トンボ鉛筆(本社・東京都北区、社長・小川晃弘)は、手帳にクリップして携帯しやすいノック式ホルダー消しゴムを8月3日に発売します。消しゴム尖端は2.5㎜×5㎜の角型で、手帳に記載した小さい文字や点・線などの変更・更新に適します。
商品名は「モノゼロメタルタイプ」で、メーカー希望小売価格は税込648円(税別600円)です。年間販売計画は数量で約15万本、金額で9千万円(小売価格)です。
本製品は2007年11月に発売した「モノゼロ」(税別350円)が発売10周年を迎え、国内はもとより海外でも人気を博し、前年比約15%増(金額/2016)と好調なことから、その上級品として追加発売するものです。

 

 

 

 

 

 

(ホルダーの特長)
◆胴軸にシームレスアルミを採用。手に滑らかで、重量は7gと軽量です。外形は5㎜×7.5㎜の平型で小さいマドラー大。幅7.5㎜長さ約10㎜のアルミボディ面がクリップによって手帳に密着し安定します。5㎜厚なので手帳にはさんでもかさ張りません。表面はアルマイト加工で、長期間光沢を保ちます。カラーはシルバー、ブラック、ブルー、ピンクの4色。
◆尖端部は金属製ガイドパイプを採用し、尖端をスリムにすることで 訂正箇所を的確にとらえたポイント修正ができます。パイプの尖端にはザラつきがなく紙を傷つけにくいバレル研磨を施しました。
◆クリップ部はステンレスバネを採用、開口角が広く厚みのある手帳表紙に挿しやすい。クリップをボディの尾栓(ノック部)に位置することによってクリップした時の突起を少なくしています。
◆操作はノック繰り出し式で、1回のノックのピッチ(繰り出し長)は1㎜以下、従来の事務用ホルダー消しゴムより大幅に精度を高めました。使いやすい長さの繰り出す量を選べます。

 

(消しゴムの特長)
消しゴムは、厚さ2.5㎜×幅5㎜×長さ50㎜の角型、消しゴムの中では硬度の高い製図用消しゴムに近い使用感で、微細修正を得意とする合成ゴム消しゴムです。

 

 

 

 

(基本設計について)
本製品を個性的(スリム、機能性、使用感)にしている背景技術は、板状の消しゴムの根元から直径1.3㎜長さ65㎜のプラスティックのスティックを延長させ、 胴軸内部に装着したシャープペンシルの芯繰り出し機構(チャックリング)と同じ機構を利用して繰り出している点です。この発想によって、尖端部とボディをスリムにし、ノックによる精緻な繰り出しを可能にしました。

替えゴムリフィル(2本入り) ER-KUS  メーカー希望小売価格・税込162円

 

 

左から、シルバー、ブラック、ブルー、ピンク

モノゼロメタルタイプ使用例

 

 

ページトップへ