Tombow

ホーム > 会社情報 > プレスリリース > 2015 > 2015.07.29

プレスリリース

2015年

平成27年07月29日

クリアボディの修正テープ「モノエルゴ」発売

20150729_monoergo_1株式会社トンボ鉛筆(社長・小川晃弘、本社・東京都北区)は、まっすぐ引けてきれいに修正できるエルゴノミクス・デザインの修正テープのクリアボディを8月5日発売します。

商品名は「モノエルゴ(MONO ergo)」。テープ幅は4.2ミリ、5ミリ、6ミリの3種類で、すべて10メートル巻きです。本体のメーカー希望小売価格は全種300円+税(税込324円)。カートリッジ交換式(詰め替え式)で、カートリッジの希望小売価格は全種180円+税(税込194円)です。グリーン購入法適合商品(本体が対象)、エコマーク認定商品、GPN(エコ商品ねっと)掲載商品(本体が対象)です。年間販売計画は約40万個、約1億円(小売価格)です。

本製品は、透明度の高いスチロール樹脂をボディに採用し、内部の機構パーツと「サム(親指)マーク」に鮮やかなカラーをテープ幅別に採用。グリーンはテープ幅4.2ミリ=写真右、レッドは同5ミリ=写真中、ブルーは同6ミリ=写真左=です。テープ残量も見やすくなりました。

20150729_monoergo_2ボディは手の中でふくらませたような人間工学形状。直線や平面がない曲面ボディが手との接触面積を増やし、安定してテープを引けます。紙面とボディが最適な角度に保持されるため、修正テープがしっかり紙に塗布され、テープ切れも向上します。持ち方のポイントになる親指の位置を示す「サム(親指)マーク」を鮮やかなカラーで設け、スムーズな使用を誘導します。弊社製品モニターでは72%の人が説明なしで自然と正しい持ち方をすることができました(トンボ鉛筆調べ/社会人男女50名対象)。修正テープの使用が苦手な方でもきれいに修正ができます。

本製品の形状は、エルゴノミクス(人間工学)を専門とされる金沢大学 柴田克之教授(医薬保健学域、保健学類、作業療法学専攻)と共同開発しました。プロジェクトの目的は「だれでも最適な持ち方と角度で使用できる修正テープの開発」です。2013年に第一弾を発売、このたび形状をそのままにクリアボディにデザインを一新して発売します。

 

■経済的なカートリッジ交換式(詰め替え式)
全種カートリッジ交換式です。カートリッジはテープ幅4.2ミリ、5ミリ、6ミリで、すべての本体と互換しています。1センチあたり修正費は本体の場合0.3円、カートリッジ交換後は0.18円です。

■開閉式ヘッドカバー付
ヘッドを保護する開閉式ヘッドカバー付。収納、携帯時にヘッドを保護し、周囲へのテープ付着を防ぎます。

 

――――――――――――――――――――――――――――記――――――――――――――――――――――――――――

20150729_monoergo_3・商品名:「モノエルゴ」(MONO ergo)
・発売予定日:2015年8月5日
・テープ幅:4.2ミリ(グリーン)、5ミリ(レッド)、6ミリ(ブルー)/
全種10メートル巻き
・価格:本体300円+税(税込324円)、
詰め替えカートリッジ180円+税(税込194円)
・環境対応:グリーン購入法適合商品(本体が対象)、エコマーク認定商品、GPN(エコ商品ねっと)掲載商品(本体が対象)
※本製品は右手用です

 

20150729_monoergo_4

20150729_monoergo_5

左から、4.2ミリ(グリーン)、5ミリ(レッド)、6ミリ(ブルー)

ページトップへ