Tombow

ホーム > 会社情報 > プレスリリース > 2013 > 2013.10.23

プレスリリース

2013年

平成25年10月23日

直後は貼り直しでき、後でしっかり接着する「ピットリトライC」
すぐに強力に接着して、テープ切れがよい「ピットパワーC」
テープのり2種を同時発売

株式会社トンボ鉛筆(社長・小川晃弘、本社・東京都北区)は、2種のテープのり(紙用粘着テープ)の新製品を11月1日から全国の文具店、量販店等で発売します。

発売するのは、貼って約1分以内は貼り直しができ、後でしっかり接着する「ピットリトライC」(商標)=写真右側、テープ幅8.4㎜・長さ8m、希望小売価格250円(税込価格262円)。および、すぐに強力に接着して、テープ切れがよい「ピットパワーC」(商標)=写真左側、テープ幅8.4㎜・長さ7m、希望小売価格250円(税込価格262円)です。共にテープつめ替え式で、つめ替えテープは180円(税込価格189円)です。年間販売計画は約150万個、約3億8千万円(小売価格)です。

 

 

1分以内は貼り直しができる接着テープ 「ピットリトライC」の特長

本製品は、テープを塗布し、貼り合わせて約1分以内は貼り直しできます。再度、貼り合わせて時間が経つと、しっかり接着します。

 

「貼り直せたらいい。貼り直せると安心。」という要望が学生(80.7%)と社会人(79.9%)から寄せられていました。(2011年1月当社調査。学生・社会人892名。)

具体的には、学校では先生から配布されたプリントをノートに貼る学習法が多く、その“プリント貼り”に貼り直せるテープのりがあればいい。オフィスや家庭では、封筒貼りした後で封入し忘れたことに気付くことがあるため、貼り直せるテープのりがあれば重宝、等です。

接着力が変化する仕組みは次のとおり。テープのりの表面に約1ミクロンのバリア層(図の黄色部分)を形成。これはテープのりの接着力を抑止しながら、ゆっくり紙に染み込みます。バリア層が紙へ移行する間が「約1分」で、この間は貼り直しができます。バリア層の移行が終わると、テープのりと紙が密着する面が増えて接着力が強まります。
貼り直しができる時間についてアンケートをした結果、「1分まで」が6割以上の方に支持されました。

 

【主な用途】 本製品は、貼り直したりして、きれいに貼りたいとき、たとえば ■ノートのプリント貼り ■領収書貼り ■封筒貼り(厚みのある封筒は重ね塗りします)などに最適です。

■本製品のテープは「透明赤」で塗布した箇所が目で確認できます
■ボディ色はスタンダード、ミント、サクラ、ライムの4色
(補足:テープのりの一種に仮止めテープもありますが、これは接着力が弱く、時間を経ても接着しないため、プリント貼り等には適しません)。
紙の質や貼り合わせたときの圧力によって貼り直し時間は変化することがあります。

 

強力接着で、切れがよいテープ「ピットパワーC」の特長

本製品は貼り合わせるとすぐに強力に接着します。接着力は当社従来品より20%向上しました。これはテープのりの厚みを当社従来品より約50%厚くし、テープのり自体に弾力を持たせた効果です。貼り合わせた直後から、紙の凹凸によく浸透して強力に接着します。※共に当社「ピットテープMS」比

また、接着力が強くても、テープの切れがスムーズになる工夫もしました。一般的に接着力を高めテープを厚くすると、テープ切れが鈍くなる(ヘッドを紙から離したときのりを引きずる等)のが通例ですが、本製品はテープのりに微粒子を混入することで、ヘッドを離したときのテープ切れを良好にしました。

【主な用途】 本製品は、すぐに、ぴったり・しっかり貼りたいとき、たとえば■大型封筒貼り ■ラッピング ■スクラップや写真貼りなどに最適です。

■本製品のテープは「透明青」で塗布した箇所が目で確認できます
■ボディ色はスタンダード、ミント、ローズ、ライムの4色

 

(その他の特長 ピットリトライC、ピットパワーC共通)

■筆箱で携帯しやすい小型・軽量のオーバル(楕円)ボディ:28×21×75㎜(キャップ時)、重量16g(ピットリトライC)・17g(ピットパワーC)。

■小型でもテープつめ替え式:児童生徒でも簡単にテープ交換できる

■傾きや手ブレを補正するフィットヘッドを採用:きれいにのり付けできる

■ヘッドに大きな窓を設けて、テープを塗布する終点を見やすくした

■ヘッドはローラー式で軽く滑らかにテープを塗布できる

●ACID FREE:のり自体の酸化による変色や貼り合わせた部分の酸化による変色がしにくいよう配慮した素材を使用しています。
●エコマーク認定商品
●グリーン購入法適合商品
●GPNエコ商品ネット掲載商品

 

(テープのりの基本特長)
テープのりは、粘着テープをPETベーステープに乗せて繰り出し、紙等に粘着テープを塗布して貼り合わせます。粘着テープは両面テープ等に使用されているアクリル系粘着剤です。使用済のベーステープ(透明)は回転を利用してボディ内に巻き取ります。

(テープのりの利点)
●液体のりや接着剤のように乾燥を待つ時間が必要なくスピーディーに作業できる。

●液体のりのように、のりが手についてベタついたり、手を汚したりしません。学習備品として携帯に適し、またパソコン等のキーボードを使用するクリーンなオフィス環境にも最適。

●紙にシワをつけず、貼った状態が表面に見えないため仕上がりがきれい。

 

貼り直しができる接着テープ 「ピットリトライC」

左から、スタンダード、ミント、サクラ、ライム

 

 

強力接着で、切れがよいテープ「ピットパワーC」

左から、スタンダード、ミント、ローズ、ライム

 

 


 

 

ページトップへ