Tombow

ホーム > 会社情報 > プレスリリース > 2013 > 2013.01.23

プレスリリース

2013年

平成25年01月23日

豊かな未来を育てる
トンボ鉛筆の森林認証かきかたえんぴつ・色鉛筆

株式会社トンボ鉛筆(社長・小川晃弘、本社・東京都北区)は、森林を守るFSC 認証材※を使った学童鉛筆「かきかたえんぴつ」と「色鉛筆」を発売します。発売は1月下旬からスタートする全国の販売店の2013年新入学フェア/コーナーにて。発売日は各販売店の任意になります。

商品名は森林認証鉛筆「Ki monogatari」(意味:木物語)で、かきかたえんぴつのメーカー希望小売価格は630円(本体価格600円)、販売単位は12本(1ダース)、品種はB3柄、2B3柄、HB1柄(全て6角軸)です。色鉛筆のメーカー希望小売価格は840円(本体価格800円)、販売単位は12色(1セット)、ケース色は水色、黄緑、オレンジの3色です。年間販売計画は40万ダース、約3億円(小売価格)です。

本製品は、木のぬくもりと木肌の美しさを大切に商品化しました。通じて、ものを大切にする心を育て、森林を大切にする心を育てます。

 

【鉛筆の特長】

■木軸に世界の森林保全に貢献している国際機関FSC が認証した木材を使用しました。学童鉛筆では初です。

■軸のデザインには手描き・手塗り風の“クラフト柄”を採用しました。今までの学童鉛筆にはなかった、あたたかな手づくり感のあるデザインです。また、仕上げ塗装は、木目の美しさを表現するために透明感のあるニスで仕上げました。

【色鉛筆の特長】

■木軸に世界の森林保全に貢献している国際機関FSC が認証した木材を使用しました。

■ケースに新しい工夫をしました。フタは木目の美観を活かした透明ポリスチレンを採用。また、壊れにくくなりました。PUSHを押すだけでフタは開けられ、フタはケースの底に敷くことができ学習机で場所をとりません。

鉛筆及び色鉛筆は「グリーン購入法適合」および「GPN『エコ商品ねっと』掲載」商品です。

※当社は2011年、国際的機関であるFSC(Forest Stewardship Council(森林管理協議会)、本部ドイツ・ボン)の認証を取得。FSC認証材による鉛筆の製造および製品化を始めました。

■FSC (Forest Stewardship Council、森林管理協議会) 独立した第三者機関が、森林管理をある基準に照らし合わせ、それを満たしているかどうかを評価・認証していく制度を「森林認証制度」と言っています。FSC (Forest Stewardship Council、森林管理協議会)は、世界中全ての森林を対象とし、環境保全の点から見て適切で、社会的な利益にかない、経済的にも継続可能な森林管理を推進することを目的としています。このような森林管理がなされているかどうかを信頼できるシステムで評価し、適切な管理がなされている森林を認証します。また、このような森林から産出された木材・木材製品に独自のロゴマークを付け、認証を受けた森林から来ていることを保証するものです。このロゴマークの付いた製品を幅広く流通させることにより、世界の森林保全へ向け、森林管理者から、木材・木材製品の消費者に至るさまざまな関係者を一体化しようとする取り組みです。(抜粋)
FSCジャパンのHP http://www.forsta.or.jp/fsc/

 

ページトップへ