Tombow

ホーム > 会社情報 > プレスリリース > 2012 > 2012.03.14

プレスリリース

2012年

平成24年03月14日

粘着テープ感覚のディスペンサー入り粘着グミ「ペタッツ ハンディ」発売。

株式会社トンボ鉛筆(社長・小川晃弘、本社・東京都北区)は、事務・家庭用粘着剤 「ペタッツ」(商標)のディスペンサー入りを3月26日から発売します。事務用粘着テープのように「ピット切って、ペタッ!」と貼れるよう、これまでカバーしていたフイルムを除き、シンプルでスピーディな使用感にしました。

img120314_01

発売するのは固定用と仮止め用の2種で、強力貼るタイプはオレンジ色の「接着ペタッツ ハンディ」(商品名)S/M、はがせるタイプはグリーン色の「ペタッツ ハンディ」(商品名)M/Lです。メーカー希望小売価格は共に420円(本体価格400円)。共につめ替えがあり、希望小売価格はすべて262円(本体価格250円)です。
粘着剤の容量(数)は、強力貼るタイプSは140個、Mは100コ。はがせるタイプのMは  100個、Lは70個です(粘着剤サイズ:S=直径約5㎜、M=約10㎜、L=約14㎜)。
年間販売計画は2種合計50万個、約2億円(小売価格)です。
本製品は、2010年4月に発売したペタッツ(強力貼るタイプは2011年10月発売)の使いやすさを向上させたディスペンサー入りです。使用方法は、①白色のベーステープ(ペタッツを繰り出すテープ)を引き、必要な個数のペタッツを引き出します。②ディスペンサーを軽く握るとストッパーがかかりベーステープを固定、スムーズにカットできます。

 

 

img120314_02これまでペタッツははく離紙とフイルムではさんだシートで提供していましたが、フイルムをはがすのが面倒等の声がありました。本製品はフイルムを取り除き、使い慣れた事務用粘着テープのようなロールタイプにして使い勝手を向上させました。また、同ハンディシリーズはペタッツ1個あたりの単価を従来のペタッツより約40%安価にしました(つめ替えとの比較)。
<強力貼るタイプ「接着ペタッツ ハンディ」S/Mの特長>
本製品は強粘着のグミ状の粘着剤です。粘着剤は約0.35ミリの厚みがあり、柔軟性があるグミ状のため、性質や表面のちがう素材を取り持つことで両者を固定します。本製品は液体接着剤が浸透しないモノ同士を固定するのに適します。貼りあわせることで瞬時に固定できます。手や作品を汚しません。
接着できる素材は、紙類、プラスチック、メタル(パーツ)、ガラス(パーツ)、ラインストーン、ビーズ(天然素材、プラスチック)、綿布等。これらを組み合わせた固定ができます。工作、デコレーション、スクラップブッキング等のホビー用途から、商業店舗のディスプレイ装飾、事業所のさまざまな業務や事務処理に適します。
img120314_03
<はがせるタイプ「ペタッツ ハンディ」M/Lの特長>
本製品はグミ状の粘着剤です。粘着剤は約0.35ミリの厚みです。ポスター等の貼るものを傷つけず、貼った壁などに粘着剤を残さないため、仮止め、貼り直しに最適です。
貼ってはがせることができる素材は、接着ペタッツ ハンディと同様です。用途は、メモのおさえ、掲示物、装飾物の固定、滑り止めなどです。

<粘着剤について(両者の共通)>
ペタッツの主な成分は炭化水素樹脂です※。常温で軟らかく、一定の厚み(体積)があることから対象物に柔軟に付着します。溶剤を含まない物質であるため、(溶剤の)移行による対象物への影響がほとんどありません。
貼ることが困難な被対象物は、凹凸面、凹凸の大きいクロス(壁紙)、水分・油分・汚れの付着している箇所、シリコン等で処理された表面です。
本製品はEN71(欧州玩具安全指令Toy Safety Directiveにより規格化された安全基準)に準拠しています。

本製品は欧米では「ドッツ/Dots(点)」という愛称で普及されはじめています。当社はこの優れた性質を事務・家庭用粘着剤として提案します。
※炭化水素樹脂は家電製品や建築に用いられている接着剤ホットメルトとしても使用されています。

img120314_04

 

ページトップへ