Tombow

ホーム > 会社情報トップ > トンボ鉛筆について > 沿革

沿革

1990年代

  • 創立?1960年代
  • 1970年代?1980年代
  • 1990年代
  • 2000年代
  • 2010年代

1990年代

1990

1992
1990年(平成2年)5月イレーシャ(シャープ&消しゴム)発売。
修正液「モノホワイト」発売。
7月タイ、バンコクに海外製造工場「TOMBOW(Thailand) Co., Ltd.」設立。
8月ネックレスタイプのボールペン「フィールドワーカー」発売。
10月「オブジェクトEO」通商産業省Gマーク受賞。
11月シリーズ「キディハンズ」はしのおけいこ/えんぴつのけずりかた/はさみのつかいかた/デスクマット発売。
1991年(平成3年)6月海外デザイナー起用による「ズーム ラ・ナーベシリーズ」発売。
横引き修正テープ「モノホワイトテープMS」発売。
11月食品添加物使用インクの「まんがサインペン」発売。
1992年(平成4年)3月横引き修正テープ「モノホワイトテープYK」発売。
6月リサイクルした木と黒鉛で作った鉛筆「木物語」・「木ものがたり」発売。鉛筆で初めての「エコマーク認定商品」。
1993

1995
1993年(平成5年)1月「木物語・木ものがたり」日本経済新聞社主催「日経流通新聞賞」を受賞。
6月ネックレスタイプの2色ボールペン「フィールドワーカーII」発売。
9月横引き修正テープの改良版「モノホワイトテープYN」発売。
塗って青色、乾くと透明になるスティックのり「消えいろピット」発売。
1994年(平成6年)9月細菌やカビの繁殖を阻止する抗菌剤を練り込んだ多色ボールペン「クリンディ・2、3」発売。
10月安全キャップを採用し8色の新色を加えた、ツインタイプの「プレイカラー2」発売。
1995年(平成7年)3月世界で最も細い2.5ミリ幅の修正テープ「モノホワイトテープPX」発売。
4月新社名商標導入を完結。「いつも知的冒険心」を標語に決定。
11月太・細ツインの塗り口の液体のり「アクアピット」発売。
1996

1999
1996年(平成8年)1月「接着」と「仮止め」の2wayのり「ピットマルチ2」発売。
8月消しカスがよくまとまる「もっとあつまる消しゴム」、軽い力で消せる「もっとかる~く消せる消しゴム」を発売。
10月定規を汚さない蛍光ペン「蛍コート」を発売。
11月筆圧をかけることなく筆記ができる水性ジェリーインクボールペン「J-Ball(ジェイ・ボール)」を発売。
1997年(平成9年)1月紙をスチール家具、ガラスにも貼れるテープのり「ピットテープ貼るタイプ」、「ピットテープ貼ってはがせるタイプ」を発売。
5月軸やケースに再資源化材料を利用したボールペンとシャープ芯「エコネット」を発売。
7月ペン型で詰め替えができるスティックのり「ほそみピット」発売。
1998年(平成10年)5月合成ゴム消しゴム「エコネット消しゴム」を発売。
9月3種のHBが選べるシャープ芯「MONO-FX」を発売。
11月再生プラスチックの詰め替え式修正テープ「モノホワイトテープCX」を発表。
1999年(平成11年)5月液式蛍光ペン「蛍コートα(アルファ)」を発売。

1970年代?1980年代

2000年代

ページトップへ