Tombow

ホーム > 会社情報トップ > トンボ鉛筆について > 沿革

沿革

1970年代〜1980年代

  • 創立〜1960年代
  • 1970年代〜1980年代
  • 1990年代
  • 2000年代
  • 2010年代

1970年代〜1980年代

19701971年(昭和46年)5月国産初のスティックタイプ固形糊「ピット」を100円で発売。
9月細芯シャープ「トンボクリエート」を発売。
1972年(昭和47年)60周年記念キャンペーン「トンボが住める街づくり」実施。
1973年(昭和48年)4月「トンボボールペン株式会社」を設立。
1974年(昭和49年)9月国産初のオーバーラインマーカー「暗記ペン蛍光」(黄色/桃色/橙色/黄緑色)発売。70円。
1975年(昭和50年)8月マーキングペン「かくべえ」発売。
12月シャープ芯「ウルトラ<金>」発売。
1977年(昭和52年)9月手動鉛筆削り機「るん」発売。
1978年(昭和53年)3月「蛍光鉛筆」発売。
1979年(昭和54年)4月「トンボでスタート はつらつ新入生」キャンペーン。
5月「香料入鉛筆」発売。

19801980年(昭和55年)旧西ドイツケルン市(現トロイスドルフ市に移転)に販売会社「TOMBOW PEN & PENCIL GmbH」設立。
1981年(昭和56年)7月多色マーキングペン「プレイカラー」を発売。
1982年(昭和57年)7月多目的筆記具「プログラフ」発売。
11月液体式水性ボールペン「ロールペン」発売。
1983年(昭和58年)米国カリフォルニア州ウエストレイクビレッジ(現ジョージア州に移転)に、販売会社「AMERICAN TOMBOW, Inc.」を設立。
1984年(昭和59年)8月水性ボールペン「モノボール」(100円)発売。
9月接着、仮止め両用糊「ピットマルチ」発売。
水性マーカー「デュアルブラッシュペン72色」発売。(現在95色)
1986年(昭和61年)1月「ZOOM」シリーズ発売。シャープペン、水性ボールペン発売。
4月消しくずがまとまる消しゴム「NON DUST」を発売。
7月自動芯繰り出しシャープペン「ランナー」発売。
1988年(昭和63年)4月「IROJITEN」新色30色の色鉛筆発売。
6月アウトプット(セットペン)発売。
12月オブジェクトX2(2色ボールペン)発売。
1989年(平成元年)9月業界に先立ってOAクリーナー発売。

創業〜1960年代

1990年代

ページトップへ